今週前半は、東北や北陸は引き続き大雨に厳重な警戒が必要です。身の危険を感じたら、早めに避難をしましょう。関東から西では、厳しい暑さが続きそうです。

東北や北陸 引き続き記録的な大雨のおそれ

東北では秋田県など北部を中心に、これまでにない大雨になっている所があり、秋田県の雄物川上流は氾濫しています。24日(月)から25日(火)にかけても、東北や新潟、北陸3県は油断ができません。活発な前線が東北南部付近に停滞し、東北南部から新潟を中心に大雨となるおそれがあります。前線がほとんど動かず湿った空気が入り続けるため、同じような場所に次から次へと活発な雨雲がかかり続けそうです。記録的な大雨になる危険性があり、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水や氾濫に厳重な警戒が必要です。命を守るために、気象情報や自治体の避難情報に注意をして、早めの避難を心掛けましょう。もし家の周辺が水に浸かってしまったり避難が困難な場合は、家の2階など、少しでも高い所に避難をするようにして下さい。東北北部は24日(月)には雨の峠を越える見込みですが、まだ地盤が緩んでいる所があります。また、氾濫している雄物川上流以外にも氾濫危険水位を超えている所がありますので、雨の降り方が落ち着いたからといって決して油断はしないで下さい。

関東以西は猛暑

関東では23日(日)は最高気温が全域で30度を下回り、厳しい暑さからは解放されました。ただ、24日(月)には早くも厳しい暑さが戻ります。最高気温は関東から西では33度から35度くらいまで上がる日が続くでしょう。ここまで暑い日が続くと、暑さに慣れるどころかグッタリしてしまいそうです。体調を崩さないようお気をつけ下さい。また、この暑さで大気の状態が不安定になりやすく、山沿いを中心に所々でにわか雨や雷雨が起こりやすい見込みです。特に山や川のレジャーは天気の急な変化にご注意下さい。