きょう24日、梅雨前線の影響で東北南部と北陸は断続的に激しい雨。土砂災害など警戒が必要。土日に大雨による被害が相次いだ東北北部や、関東から西でも所々でにわか雨や雷雨がある見込み。

きょうの天気

梅雨前線が東北南部から北陸付近に停滞します。
梅雨前線から離れた地域も、湿った空気の影響で大気の状態が不安定です。
【各地の天気(西から)】
沖縄は大体晴れますが、所々で夕立があるでしょう。
九州から中国・四国、近畿にかけて、昼前までは晴れ間が出るでしょう。昼過ぎからは突然の雨に注意が必要です。局地的には、カミナリを伴って激しく降るでしょう。
東海と関東甲信は雲が広がりやすく、午前も午後も所々で雨が降るでしょう。山沿いを中心に、カミナリが鳴ったり、激しい雨の降る所もありそうです。
北陸と東北南部は大雨に警戒が必要です。断続的に雨や雷雨で、特に夕方にかけては、道路が一気に冠水するほどの非常に激しい雨の降る所があるでしょう。同じような所に数時間にわたって発達した雨雲がかかって、大雨となるおそれもあります。あす朝6時までの24時間に予想される雨の量は、多い所で、新潟県で150ミリ、山形県と福島県で120ミリです。土砂災害や、川の氾濫、低い土地の浸水に警戒が必要です。
東北北部は、大雨のピークは過ぎましたが、きょうも所々で雨が降るでしょう。特に秋田県では、土日の大雨で地盤が緩み、氾濫している川があるため、少しの雨でも土砂災害が発生したり浸水の被害が大きくなる危険性があります。今後も、自治体からの避難に関する情報を確認し、慎重な行動を心がけてください。
北海道はおおむね晴れ。ただ、網走などオホーツク海側では、にわか雨の所がありそうです。

きょうの最高気温

沖縄や九州から東海は、きのうと同じくらいでしょう。那覇は33度、福岡は35度と猛暑日、高知と広島で32度、大阪で33度、名古屋で31度と、きょうも各地で30度を超える見込みです。
関東甲信はきのうより3度前後高くなります。東京で31度、長野で30度など、きょうは30度以上の所が多くなるでしょう。
北陸から東北も、雨の割には高く、金沢は30度、新潟は27度、仙台は26度、秋田は28度の予想です。
札幌で26度、旭川で29度と、北海道はきのうよりやや低めで、極端な暑さはなさそうです。