25日、札幌管区気象台は8月〜10月の北海道の3か月予報を発表しました。気温は平年より高く、9月を中心に大陸からの暖かい空気に覆われる時期がありそうです。降水量はほぼ平年並みで、8月はぐずついた天気の日が多く、9月は秋晴れが増える見込みです。

月ごとの詳しい天気

(8月)
太平洋高気圧が張り出すことがありますが、前線や気圧の谷の影響を受けやすい見込みです。天気は数日の周期で変わりますが、平年に比べてぐずついた天気の日が多く、晴れる日が少なくなりそうです。気温は平年並みか高いでしょう。インドネシア〜フィリピン付近の海面水温が平年より高いため、太平洋高気圧が張り出すと平年よりも暖かく湿った空気が流れ込むことがある見込みです。そのため、湿度が高く、ムシムシ、じめじめとする日が多くなりそうです。
(9月)
大陸からの移動性高気圧が通ることが多くなるでしょう。平年と同様に天気は数日の周期で変わり、秋晴れの日が多くなる見込みです。移動性高気圧は、大陸から暖かい空気を運んでくることがあるため、気温は平年より高い見込みです。晴れて日差しが多い日は、季節逆戻りの暑さとなることもありそうです。
(10月)
高気圧と低気圧が交互に通過するでしょう。日本海側では前半は割合晴れる日がありますが、後半は平年と同様に曇りや雨の日が多くなる見込みです。秋が深まると、次第に大陸から寒気が流れ込むようになり、日本海側ではしぐれ模様の天気が増えてきます。一方、山の風下となる太平洋側やオホーツク海側では、平年と同様に数日の周期で天気が変わり、晴れる日が多くなる見込みです。気温は平年並みか高いでしょう。