8月から10月にかけても気温は全国的に平年並みか高い予想で、盛夏が過ぎても、暑さが長引きそうです。9月から10月は移動性の高気圧に覆われやすく、秋晴れの日が多くなるでしょう。3か月予報の資料をもとに8月〜10月の天候をまとめました。

◆8月 西日本を中心に酷暑

8月は北日本は低気圧や前線の影響を受けやすくなるでしょう。一方、太平洋高気圧の勢力が日本の南を中心に強い予想です。北海道や東北、北陸は平年に比べ曇りや雨の日が多く、夏空は少ないでしょう。関東から九州、沖縄・奄美は晴れる日が多い見込みです。気温は全国的に平年並みか高く、特に、太平洋高気圧が張り出しやすい近畿〜九州、沖縄、奄美では、うだるような暑さの日が多いでしょう。

◆9月 厳しい残暑

今年の9月は例年より太平洋高気圧の後退が早い予想です。秋雨前線の活動は比較的弱く、移動性高気圧に覆われやすい見込みです。このため、北海道や東北は天気は数日の周期で変わりますが、関東から九州は秋晴れの日が多くなるでしょう。沖縄・奄美も平年より晴れる日が多い見込みです。気温は全国的に平年より高く、厳しい残暑となるでしょう。まだ半袖が活躍する日が多くなりそうです。

◆10月 秋晴れ多く

10月は本州付近を中心に移動性高気圧に覆われやすいでしょう。北海道や東北の天気は数日の周期で変わりますが、関東や北陸から九州は秋晴れの日が多いでしょう。行楽の秋、スポーツの秋を楽しめ日が多くなりそうです。沖縄・奄美も平年同様に晴れる日が多いでしょう。気温は全国的に平年並みか高い見込みで、暑さがぶり返す日も度々ありそうです。朝晩は次第にヒンヤリする日も増える頃ですので、一日の気温の変化に注意が必要です。

◆8月〜10月 降水量少なめも 台風シーズンのため注意

8月は沖縄や九州南部から近畿で、9月と10月は九州から関東で降水量は平年並みか少ない予想です。ただ、この時期は例年、台風シーズン。台風がひとたび近づけば、大雨や大荒れの天気になる恐れがありますので、注意が必要です。