あす(27日木曜日)は、前線が弱まり、本州付近は北から高気圧に覆われるでしょう。北ほど良く晴れそうです。あさって以降は、東海以西で晴れる日が多く、猛烈な暑さに見舞われそうです。

あす(27日)の天気

沖縄は晴れますが、所々で雨や雷雨があり、局地的に激しく降るでしょう。天気の急変にご注意下さい。九州から東海、北陸は雲が多めながらも、晴れ間が広がる見込みです。ただ、西日本の山沿いや内陸を中心に、気温の上がる午後は所々で雨や雷雨があるでしょう。局地的に激しく降ったり、落雷や突風の恐れもありますのでご注意下さい。関東は雲が多く、所々で弱い雨が降りそうです。一方、東北と北海道は晴れて、暑くなるでしょう。にわか雨もなさそうです。ただ、北海道の太平洋側は、湿った空気が流れ込むため雲が広がり、夜は雨が降る見込みです。なお、日本の南海上には熱帯低気圧や台風があります。北日本から西日本の太平洋側はうねりが届き波が高いので、海のレジャーは注意が必要です。
日中の最高気温は、全国的に平年並みか高い予想です。那覇や鹿児島は33度、福岡34度、高知32度、大阪33度、広島と名古屋は31度、金沢と新潟は32度の予想です。湿度が高く、かなり蒸し暑いでしょう。東京は27度の予想です。仙台29度、秋田32度、札幌27度の予想です。東北や北海道は空気が乾くため、カラッとした暑さが続く見込みです。

あさって(28日)以降の天気

あさって(28日金曜日)から8月1日(火曜日)にかけては、西日本と東海は晴れる日が多いでしょう。強い日差しが照りつけて、最高気温は35度を超える所もありそうです。これまで以上に暑さが厳しくなりますので、熱中症にならないようにお気を付け下さい。一方、北陸や東北、北海道は雲が広がりやすく、雨の降る日もありそうです。また、8月2日(水曜日)以降は、湿った空気の影響で、雨が降りやすくなりそうです。台風の動きにも注意して下さい。なお、太平洋側は台風からのうねりが入り波の高い状態がしばらく続くでしょう。海のレジャーは高波に注意が必要です。