今日(27日)の札幌は午後3時までの最高気温が16.4度と5月上旬並みの低さとなっていますが、昨日までの5月の月間平均気温は12.9度と平年よりやや高く経過しています。
明日からは再び平年並みか高めの気温が月末まで続く見込みですが、今月の札幌は5月としては2013年以来5年振りに低い気温となりそうなのです。

4年連続トップ5

今月の札幌は、上旬(1〜10日)の気温が低めで、最高気温が20度以上の日が一日もなく経過しました。
中旬以降は気温が上がったため、昨日までの5月の平均気温は12.9度で平年よりはやや高くなっていますが、このまま経過すると最近5年間では最も低い気温となります。
札幌の5月の平均気温の高い方からのランキングは、以下のようになっています。
1位 14.9度 2016年
2位 14.4度 2017年
3位 14.2度 2015年
4位 14.0度 2014年
4位 14.0度 2000年
2014年に14年ぶりに1位の気温を記録すると、15年、16年は連続更新。昨年(2017年)も16年に次ぐ2位になっています。
昨年までは4年連続でトップ5に入るほど、最近の5月は記録的な高温になっていたのです。

火曜日以降、気温は高めに

明日(28日)の札幌は今日より気温が高く、平年並みの気温に戻ります。また、明後日(29日)火曜日以降はしばらく平年より高い気温が予想されており、今月の平均気温が平年より高くなるのは間違いなさそうです。
しかし、今月最も気温が高くなった16日のような気温が明後日から3日続いても平均気温は14度に届きません。そのため、今月の札幌は平年より気温の高い暖かい月だったにも関わらず、5年振りの低温という変わった5月になりそうです。