この週末は、北海道は局地的に激しい雨や雷雨となるでしょう。東北や北陸は雨が続き、関東も夏空はおあずけです。東海から九州は体にこたえる暑さが続きます。沖縄は台風9号の影響で荒れた天気となる所があるでしょう。

週末のポイント

この週末は、北海道は前線が延び、局地的に激しい雨や雷雨となるでしょう。東北や北陸、関東は湿った空気の影響で曇りや雨となり、お出かけにはあいにくの天気が続きそうです。東海から九州は体にこたえる暑さが続きます。沖縄は台風9号の影響で荒れた天気となる所があるでしょう。なお、北海道の太平洋側から沖縄にかけては台風5号と台風9号からのうねりが入るため、急な高波に注意が必要です。

地方ごとの詳しい天気

【北海道】
28日(金)から29日(土)にかけては太平洋側東部を中心に大気の状態が不安定になるでしょう。太平洋側とオホーツク海側南部では局地的にカミナリを伴い激しい雨が降る見込みです。大雨による土砂災害や低い土地への浸水、河川の増水などに注意が必要です。30日(日)は日差しの届く所が多いでしょう。
【東北、北陸、関東】
28日(金)から30日(日)にかけて、ぐずついた天気が続くでしょう。特に東北は雨雲がかかりやすく、お出かけの際は傘が手放せません。関東は山沿いを中心に雨の降る所があるでしょう。最高気温は、北陸や関東は30度を超える所が多く、湿気がまとわりつくような蒸し暑さになりそうです。
なお、台風5号は29日(土)にかけて強い勢力を維持したまま小笠原諸島に接近する見込みです。小笠原諸島は28日(金)は晴れますが、風が次第に強まり、うねりを伴い波が高くなるでしょう。29日(土)は風が非常に強く、断続的に強い雨が降る見込みです。台風の動きが遅くなるため、30日(日)以降も荒れた天気が続く恐れがあります。
【東海から九州】
28日(金)から30日(日)は雲が広がりやすいものの、強い日差しが照りつけます。最高気温は34度前後の予想で、うだるような暑さが続くでしょう。28日(金)の午後は所々でにわか雨があり、局地的な激しい雨や落雷、突風に注意が必要です。
【沖縄】
台風9号は29日(土)には強い勢力となって先島諸島に接近する恐れがあります。28日(金)は晴れますが、本島地方や先島諸島はうねりを伴い波が高くなるでしょう。29日(土)は先島諸島では雨や風が強まり、荒れた天気となるでしょう。海上では大しけとなる見込みです。30日(日)は本島地方も雨雲がかかる可能性があります。最新の気象情報や台風情報を確認してください。