きょう(27日)も、九州はうだるような暑さとなりました。福岡県久留米市と佐賀県嬉野市の最高気温は36.5度と、この夏一番を更新し、きょう(27日)の最高気温としては全国で最も高くなりました。梅雨明け以後続いているこの酷暑は、来週にかけても続く見込みで、体調の管理に十分な注意が必要です。

体温並みの猛暑

きょう(27日)も、九州は真夏の日差しがじりじり照り付け、この夏一番の暑さとなった所が多くなりました。最高気温は、福岡県久留米市と佐賀県嬉野市で36.5度、熊本県甲佐町で36.4度、佐賀県佐賀市で36.0度まで上がり、また、今月5日からの九州北部豪雨で甚大な被害を受けた福岡県朝倉市と大分県日田市の最高気温は、いずれも35.8度でした。連日の猛暑に、もううんざりという状況ですが、この高温傾向は来週にかけてもおさまる気配がありません。向こう一週間も、最高気温35度以上の猛暑日となる所が多くなりそうです。
熱中症にかからないため、こまめに水分を摂ることはもちろんですが、日頃からしっかりとした休養や睡眠をとることも大切です。日常的に体調に気を配り、熱中症を予防していきましょう。

急な激しい雨、落雷に注意

また、九州では連日、午後になると九州山地などの山沿いを中心に雨雲が発生・発達し、局地的に激しい雨や雷雨となっています。青い空に真っ白い入道雲が沸き立つ様子はいかにも夏らしい光景ですが、その入道雲の下では雷を伴った激しい雨が降り、突風が吹くなど、天気が急変することに注意が必要です。週末にかけても晴れて、午後は山沿いを中心に夕立がありますので、屋外では天気の変化に十分注意してお過ごし下さい。