今日(28日)の北海道は、釧路や根室地方など東部で大雨となる恐れがあります。河川の増水に警戒し、低い土地の浸水や土砂災害などに注意が必要です。

前線の影響で大雨に

北海道の南東海上にある前線が北上し、明日(29日)朝にかけて東部にかかるでしょう。前線に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が不安定となります。今日の夜遅くにかけては局地的に雷を伴い、1時間に40ミリとバケツをひっくり返したような激しい雨が降るでしょう。明日正午までの24時間に釧路・根室地方の多いところで100ミリの大雨となる恐れがあります。
根室地方では明日明け方にかけて河川の増水や氾濫に警戒が必要です。また、東部の広い範囲で、低い土地の浸水や土砂災害、落雷や突風などに注意して下さい。
札幌や函館など南西部、旭川や稚内など北部は、今日は雲に覆われ、弱い雨がぱらつく程度でしょう。

土日は天気回復

東部の雨は、明日の朝にはやみ、日中は日差しの出る所が多くなります。風は弱く穏やかで、行楽にもまずまずの日和となりますが、東部では河川の増水や土砂災害などに引き続き注意が必要です。
日曜日(30日)も雲が広がりやすいですが、天気の大きな崩れはないでしょう。
気温は平年並みか高めで、内陸を中心に夏日となります。湿度が高く、ムシムシと感じられそうです。