全国で夏祭りや花火大会が目白押しの週末(29日〜30日)。お出かけには雨具が必要な所が多くなりそうです。週末の全国の天気をまとめました。

前線が東北に停滞

29日(土)から30日(日)は、東北地方に前線が停滞する見込みです。この前線に向かって湿った空気が流れ込むため、雲の広がる所が多いでしょう。小笠原諸島は台風5号の影響で大荒れの天気となりそうです。

週末の天気

【北海道】
29日は、太平洋側は前線の影響で、明け方まで雨や雷雨に注意が必要です。日中は次第に天気が回復して日差しが届くでしょう。日本海側は朝まで霧で見通しが悪くなる所がありそうです。日中はおおむね晴れるでしょう。30日は、日本海側は晴れますが、太平洋側は雲が広がりやすい見込みです。最高気温は平年より高い所が多く、週末も暑くなるでしょう。
【東北】
前線が近づき、大気の状態が不安定になる見込みです。29日は雨が降ったり止んだりで、急に雨脚の強まる所もあるでしょう。お出かけには雨具をお持ちください。30日は南部を中心に雨が降りやすい見込みです。最高気温は平年並みか少し低い所が多くなりそうです。ただ湿度が高くムシムシした暑さとなりそうです。
【関東・北陸】
湿った空気が流れ込み、雲が多くなるでしょう。29日は所々で雨が降り、山沿いを中心に雨脚の強まる所もありそうです。都心にも雨雲がかかる見込みです。隅田川の花火大会にお出かけの方も、念のため折り畳みの傘をお持ちになると良いでしょう。30日も曇り空で、スッキリしない天気となりそうです。日中の気温は、平年並みか少し低い見込みです。日差しがないため、極端な暑さはありませんが、湿度が高く蒸し暑く感じられるでしょう。
【東海〜九州】
29日は、日中はおおむね晴れますが、午後は天気の急変に注意が必要です。局地的ににわか雨や雷雨となり、太平洋側を中心に雨が激しく降ることもあるでしょう。30日は日差しが届きますが、雲の広がる所が多くなる見込みです。日中の気温は30度以上の真夏日の所がほとんどです。暑さが続きますので、熱中症にならないよう、水分をこまめに補給しましょう。
【沖縄】
29日は晴れ間が出ますが、にわか雨もありそうです。先島諸島は、台風9号の影響で非常に強い風が吹き、海は大しけとなる見込みです。うねりを伴う高波や暴風に警戒して下さい。30日は雲が多くなり、一時的に雨の降ることもあるでしょう。日中は真夏の暑さが続く見込みです。

台風の影響は

台風5号は、29日にかけて小笠原諸島に接近する見込みです。小笠原諸島では猛烈な風が吹き、カミナリを伴って激しい雨が降るでしょう。予想される波の高さは8メートルで、大しけとなるでしょう。30日も荒れた天気が続く恐れがあります。
台風からのうねりが伝わる北海道から九州にかけての太平洋沿岸でも、波が高くなりそうです。海のレジャーにお出かけの際は、最新の情報を確認し、十分にご注意下さい。