九州北部と四国ではきょう梅雨入りした。日本の南の海上には前線がのびて、しばらく停滞する。6月1日(金)までは、曇りや雨のすっきりしない所が多い。日差しが少ない分、厳しい暑さは落ち着く。土日は晴れてまた真夏のような暑さに。

あすの天気

沖縄は梅雨の晴れ間となりそうです。九州、中国、四国、東海は曇りや雨で、天気がスッキリしないでしょう。九州北部と四国では、本日、いずれも平年より8日早く、梅雨入りの発表がありました。関東も雲が多いものの、晴れ間の出る時間もありそうです。東北から北海道にかけては晴れるでしょう。
最高気温は、東日本、西日本で真夏のような暑さは落ち着く見込みです。26度前後の所が多いでしょう。蒸し暑いものの、極端な暑さではなさそうです。一方、晴れる北日本では比較的、気温が上がって、札幌では、25度ぐらいまで上がる予想です。北日本にお住まいの方は、熱中症にはご注意下さい。

あさって以降の天気

30日(水)から31日(木)は前線上に低気圧が発生して東進してくるため、全国的に雨、シトシトと雨の降る所が多くなりそうです。6月1日(金)は前線が少し南の海上に遠ざかり、北から高気圧が張り出すため、本州の日本海側を中心に晴れ間がもどりそうです。関東など一部太平洋側や沖縄は雨が降るでしょう。2日(土)から3日(日)は沖縄を除き全国的に晴れて、最高気温が30度以上の真夏日の所もありそうです。お出かけにはぴったりの天気ですが、真夏のような暑さが戻ってくるでしょう。熱中症対策は必須になりそうです。また、6月に入ると、いつもの年ですと、続々と梅雨に入る所が出てきます。土日の晴れ間を梅雨への備えに活用するのもオススメです。