14日、東京で桜の開花を観測。東京としては統計開始以来、最も早い記録です。2020年の桜前線(ソメイヨシノ)は、東京からスタートです。

東京の桜が開花 記録的

気象庁は、3月14日午後、東京・靖国神社にある桜の標本木で、桜が開花したと発表しました。平年より12日早く、昨年より7日早い観測です。東京としては、これまで最も早かった2013年と2002年の3月16日を抜いて、統計開始以来、最も早い記録となりました。なお、東京が全国の桜前線のスタートとなるのは、2017年以来、3年ぶりです。
なお、気象庁では、標本木で5〜6輪以上の花が咲いた状態となった最初の日を、桜の開花日としています。
東京都心では、2月の気温が平年よりかなり高く、3月になっても、暖かい日が多くなっていました。11日に最高気温が21.4度まで上がり、桜の標本木では、花が1輪咲き始めていました。14日は真冬並みの厳しい寒さとなっていますが、これまでの暖かさで、開花が進んだようです。