台風9号の活発な雨雲が台湾にかかってきました。石垣島など沖縄県の八重山地方もしばらく強い風や高波に十分に注意・警戒してください。

台湾は大荒れに警戒

台風9号は29日(土)正午現在、強い勢力で沖縄の南を時速15キロの速さで北北西に進んでいます。中心気圧は960hPa。中心付近の最大瞬間風速は60メートルと電柱が倒されるような猛烈な風が吹いています。
上の図は29日午後1時半の雨雲の様子ですが、台湾にかなり接近していることがわかります。このあとの進路予想では、暴風域を伴ったまま、今夜にも台湾に上陸する見込みです。夏休みなどで台湾に出かけている方は、外出は控えてください。
また、石垣島など八重山地方も今夜までは強い風が吹き、海はあすにかけてかなり高い状態が続きそうです。十分ご注意ください。

29日正午発表の進路予想図
29日正午発表の進路予想図