7月は九州各地で非常に厳しい暑さが続き、月平均気温は平年より1〜2度高い所が多くなりました。月平均気温は長崎市や鹿児島市で7月としては観測史上2番目の高温となるなど、九州各地で記録的な暑さとなりました。

記録的な高温

7月は高気圧の勢力が強く、暑い空気が流れ込んできたため、九州各地で記録的な暑さとなりました。
7月の月平均気温は、長崎市で平年より1.5度高い28.3度、鹿児島市で平年より1.1度高い29.2度で、それぞれ7月としては観測史上2番目に高い記録となりました。また、福岡市や佐賀市、大分市でも、7月としては観測史上3番目に気温が高い記録となりました。

8月も猛暑が続く

あす(2日)からあさって(3日)は高気圧に覆われるため、九州は各地でおおむね晴れて、最高気温は35度以上の猛暑日の所が多いでしょう。
8月も気温が高く、非常に厳しい暑さの日が多くなりそうです。こまめに水分を補給するなど熱中症への対策を十分に行いましょう。また、栄養を十分にとり、長く続く暑さで夏バテしないようにお気をつけ下さい。