今週末は、台風5号の接近に伴い、奄美や九州南部、沖縄で荒れた天気が続く。週明けには九州をはじめ西日本に台風の影響が広がるおそれ。

台風5号の予想進路

台風5号は、きょうからあす5日(土)にかけて奄美地方の付近を西寄りに進む見込みです。6日(日)には次第に進路を北寄りに変え、7日(月)にかけて、九州や四国をはじめ西日本に接近し上陸するおそれがあります。

あすの天気

特に台風5号の影響を強く受けるのは、奄美地方です。
【各地の天気(西から)】
沖縄は風が強く、海は大シケの状態が続くでしょう。また、本島地方を中心に急な雨や雷雨に注意が必要です。
奄美地方は暴風や大雨、高波に厳重な警戒が必要です。最大風速40m/sと、電柱や街灯が倒れたりブロック塀が倒壊するほどの猛烈な風が吹く見込みです。外へ出るのが極めて危険な状況になるでしょう。断続的に激しい雨や非常に激しい雨が降ります。多い所で、1日で300〜500ミリ(詳細は最新の情報を)と、大きな災害につながるような大雨となる恐れがあります。海は猛烈にシケるでしょう。
九州南部も一日を通して雨で、カミナリを伴って激しく降る所もあるでしょう。風が強まり、夕方以降は沿岸部を中心に暴風が吹く見込です。(あさって日曜日は雨も風も共に強く、大荒れの天気が続くでしょう)
中国、四国、近畿、東海、北陸、関東にかけて、日差しがありますが、変わりやすい天気です。あちらこちらで雨雲が湧くでしょう。特に、四国や紀伊半島は台風5号周辺の暖かく湿った空気の影響を受けやすく、道路が冠水するほど激しく降る所もありそうです。
東北から北海道は、日本海側は大体晴れますが、太平洋側は雲が多く、所々で雨が降るでしょう。

あさって以降の天気

あさって日曜日も、台風5号の動きが遅いため、奄美地方は大雨や暴風、高い波に引き続き警戒が必要です。九州も雨や雷雨で、落雷によって停電が発生することも考えられます。さらに、南部を中心に暴風が吹いて、外出が危険な状況になる所もあるでしょう。停電への備えや、食品の買い出しなどは、出来るだけ早めになさってください。月曜日は、九州をはじめ西日本の広い範囲で雨や風が強まり、交通機関が乱れる所がありそうです。週の中頃にかけて、台風周辺の湿った空気がさらに広い範囲に流れ込む恐れがあります。
台風の進路や速度の予想には、まだ幅があります。影響の及ぶ範囲や、雨や風のピークについては、今後も最新の情報をご確認ください。