あさって12日土曜日から13日日曜日にかけて、太平洋側を中心に大雨に警戒が必要です。
あすからのお盆期間の東北は、雨具が必要です。

あす11日「山の日」からの天気

あすからお盆休みに入る方が多くいらっしゃるのではないでしょうか。東北では、低気圧や湿った空気の影響で曇りや雨のところが多くなっています。あす山の日は南部を中心に昼ごろから雨が降るでしょう。あさって12日土曜日は、南部太平洋側を中心に雨脚が強まり、13日日曜日にかけて北部太平洋側を中心に、大雨になるおそれが出てきました。気象情報や自治体から出される情報をこまめに確認するようにしましょう。
日差しが戻るのは、14日月曜日から15日火曜日の見込みですが、日本海側北部が中心でしょう。屋外レジャーなどの際には、帽子や日焼け止めクリームなどの紫外線対策が必要になりそうです。また、この晴れ間は一時的ですので、日差しを有効に活用しましょう。
本州付近は低気圧の通り道になっていて、16日水曜日は南部を中心に再び雨が降るでしょう。お出かけにはあいにくの空模様になりそうです。

お盆期間の気温

日中の最高気温はこの時期としては低く、平年より4度前後低い日が多い予想です。特に太平洋側では、日中でも半袖では肌寒く感じられる日が多く、お出かけには長袖を一枚お持ちになるなど、調整しやすい服装がおすすめです。

雨雲はすぐそこに

今週は台風5号や低気圧の影響で雨の日が多くなりましたが、西の空にはさっそく次の雨雲が控えています。お盆期間は、この雨雲が次々に東北にかかるでしょう。これまでの雨で地盤が緩んでいるところは、少しの雨でも土砂災害が起こることがあります。土の匂いがしてきたなど、周辺でいつもと違った様子がある場合は身の安全を確保するようにしてください。