お盆休み後半は、九州から東北の広い範囲で雨に。その後も関東や東北の太平洋側は曇りや雨の日が続き、まるで秋雨のリハーサルのような天気でしょう。沖縄は晴れて行楽日和が続きそうです。

お盆休み後半は広く雨

【14日(月)】東北や北海道ではすっきりしない天気が続いていますが、14日も曇りや雨でしょう。関東も雲に覆われ、あちらこちらで雨。ザッと強く降ることもありそうです。そのほかは晴れ間の出る所が多いですが、九州の西には低気圧や前線が進んでくるため、九州は昼前後から、中国は夜から雨が降り出す見込みです。九州では局地的な激しい雨にお気をつけ下さい。
【15日(火)】前線が西日本に近づく見込みです。九州から近畿は雨が降り、九州では雨脚が強まることもあるでしょう。東海や北陸、関東、東北の太平洋側は雲が広がり、雨の降る所がありそうです。北海道はおよそ一週間ぶりに晴れて、その後も週末にかけて晴れの天気が続くでしょう。
【16日(水)】本州付近に前線がのび、雨の範囲が広がる見込みです。九州から東北にかけて雨が降るでしょう。東北や北陸では本降りになりそうです。

関東や東北は曇天続く

【17日(木)〜18日(金)】西日本では天気が回復して、晴れ間の出る所が多くなりそうです。東海から東北は低気圧や前線の影響で引き続き雨が降りやすいでしょう。
【19日(土)〜20日(日)】低気圧や前線は不明瞭になる見込みですが、北海道の東にある高気圧の縁をまわるように海からの湿った空気が流れ込む関東や東北の太平洋側は、雨の降りやすい天気が続きそうです。例年この時期は夏空のもとお出かけというイメージですが、今年はそうもいかないようです。

西は猛暑 北はヒンヤリ

東海から西では最高気温が33度から35度くらいで、猛暑が続く見込みです。屋外だけでなく、部屋の中でも熱中症対策を行って下さい。また、Uターンの渋滞にはまってしまって飲み物が足りない…ということにならないように、車で移動される方は予め飲み物を補充しておきましょう。関東は日中でも30度に届かない所が多く、厳しい暑さはないでしょう。東北や北海道は、平年より気温が低く、特に太平洋側では空気がヒンヤリ。最高気温は20度前後の所もあり、秋の気温です。羽織る物を持ってお出かけ下さい。