あす(15日)は、前線が中国や近畿まで延びてくるでしょう。九州は朝まで非常に激しい雨の恐れがあります。中国や四国、近畿地方も一日雨で局地的に激しく降るでしょう。東海から北海道も曇りや雨の見込みです。

あす(15日)の天気

あす(15日)は、沖縄は夏空が続くでしょう。九州北部は朝までは非常に激しく降る所がありますのでご注意下さい。九州南部も夕方にかけて雷を伴い激しく降る所がある見込みです。中国や四国、近畿は一日雨で、カミナリを伴い激しく降る所がありそうです。東海は昼頃から雨が降りだす見込みです。北陸も午後は雨の降る所があるでしょう。関東と東北の太平洋側は雲が広がり、所々で雨が降る見込みです。東北の日本海側と北海道は雲が多めながらも、晴れ間の出る所があるでしょう。日中の最高気温は、九州から東海、北陸、東北の日本海側は30度以上の真夏日の所が多いでしょう。湿度が高く、かなり蒸し暑い見込みです。関東はきょうより高く28度前後で、ムシムシしそうです。東北の太平洋側は25度前後、北海道は25度以下の所が多く、平年を下回る所が多い見込みです。

あさって(16日)以降の週間天気

関東以北で秋雨のような天気をもたらしているのは、オホーツク海高気圧が勢力を強めているためです。あさって(16日水曜日)以降も、本州付近はオホーツク海高気圧と太平洋高気圧の間、気圧の谷が続くでしょう。お盆休みは曇りや雨の日が多いので、傘が手放せそうにありません。
札幌など北海道は、17日(水曜日)から晴れ間が出てきそうです。日中の最高気温は25度くらいで、9月上旬並みの日が多いでしょう。東北は湿った空気が流れ込むため、曇りや雨の日が多いでしょう。仙台の最高気温は25度に届かない日が多く、10月並みに涼しくなる日もある見込みです。東京など関東も雨の降りやすい日が続く見込みです。東京では8月10日以降、最高気温が30度に達した日は一日しかありません。熱帯夜もありません。この先も東京は最高気温が30度に届かない日が多く、寝苦しさもなさそうです。東海や北陸も曇りや雨の日が多いでしょう。こちらの最高気温は30度を超える日が多く、蒸し暑い日が続く見込です。近畿から九州は雲が広がりやすいものの、日差しの出る日もあるでしょう。日中の最高気温は33度前後まで上がり、かなり蒸し暑い日が続く見込みです。熱帯夜もまだまだ続きそうです。沖縄は夏空が続き、こちらも厳しい残暑が続くでしょう。