きょう1日は、活発な雨雲が東進中。夕方以降は近畿や東海、関東で雨脚が強まり、局地的には激しく降るでしょう。

活発な雨雲 東進中

画像A

きょう1日午前10時半現在、活発な雨雲が中国、四国付近にかかっています。1時間雨量は10ミリ以上とザーザー降りとなっている所もあります。昼前には高知県室戸市の佐喜浜で1時間に25.5ミリと、どしゃ降りの雨を観測しました。これは四国沖を東へ進む低気圧に伴う雨雲で、強い雨の範囲も東へ移動しています。

近畿・東海・関東は夕方以降に雨ピーク

中国、四国では夕方にかけても雨が降り続くでしょう。近畿はまとまった雨雲がかかり始めており、午後は広い範囲で本降りの雨に。南部を中心に雨脚が強まり、局地的にはバケツをひっくり返したように激しく降るでしょう。東海や関東では、昼過ぎまでは雨が弱かったり、いったんやんだりする所もありますが、夕方から夜は広く雨雲がかかり、雨のピークとなります。どしゃ降りの雨や激しい雨となる所もありそうです。風も強まり、沿岸部では横なぐりの雨となる所もあるでしょう。雨に濡れて体を冷やさないよう、お気をつけください。