8月は北海道から関東にかけての太平洋側では曇りや雨の日が多く、日照不足が続いています。この先はどうなるでしょうか?最新の1か月予報をまとめました。

8月19日〜25日 関東以北 引き続き、日照少なく

【北日本・東日本・西日本日本海側】
◆8月の下旬に入っても、太平洋高気圧の北への張り出しは弱く、本州付近は気圧の谷になりやすいでしょう。平年に比べて晴れる日は少なく、安定した夏空の広がる所も少なくなりそうです。
◆特に、日照不足の続いた北海道から東北の太平洋側は、引き続き、オホーツク海高気圧からの冷たく湿った空気により、日照時間が少なく、気温の低い状態が続く見込みです。関東も晴れ間が出ても長続きせず、日照は少ない傾向となりそうです。農作物の管理に十分ご注意ください。
【西日本太平洋側・奄美・沖縄】
◆太平洋高気圧に覆われ、平年と同様に晴れる日が多いでしょう。九州南部や奄美、沖縄では高温に関する異常天候早期警戒情報も出ています。熱中症など健康管理にご注意ください。

8月26日〜9月1日

【北日本・東日本・西日本】
太平洋高気圧はさらに張り出しを弱め、西日本の太平洋側でも湿った空気の影響を受けやすいでしょう。北日本の太平洋側と東日本・西日本では平年に比べて、晴れる日は少ないでしょう。関東から北の太平洋側は、日照の少ない状態がまだ続きそうです。北日本の日本海側では天気は数日の周期で変わる見込みです。
【奄美・沖縄】
◆引き続き、平年と同様に晴れる日が多いでしょう。顕著な高温が続く可能性があります。

9月2日〜15日

【北日本・東日本】
◆天気は数日の周期で変わるでしょう。
【西日本】
◆平年と同様に晴れる日が多いでしょう。
【奄美・沖縄】
◆湿った空気の影響を受けやすく、平年に比べて、晴れの日が少ないでしょう。
※北日本=北海道・東北、東日本=関東甲信越・東海・北陸、西日本=近畿・中国・四国・九州