きょう18日未明から明け方にかけ、岐阜県と兵庫県で記録的短時間大雨情報。大気の状態が非常に不安定になっています。雨雲の発達しやすいエリアは、近畿、東海、北陸、関東周辺まで広がります。

きょうの天気

上空に寒気を伴った気圧の谷が本州を通過中です。この影響で大気の状態が非常に不安定になり、下のリンクにある通り、今日になってから岐阜県(4回)と兵庫県で記録的短時間大雨情報が発表されました。近畿、東海に加え、北陸や関東周辺でも、局地的な大雨に警戒が必要です。
【各地の天気(西から)】
沖縄と九州、中国、四国はおおむね晴れますが、午後はにわか雨の所がありそうです。
近畿と東海は、これから今夜にかけても、あちらこちらで雨雲が発達するでしょう。特に、午前中は非常に激しい雨が降ったり、局地的には1時間80ミリ以上の猛烈な雨が降るおそれがあります。すでにこれまでの大雨で地盤の緩んでいる所があり、土砂災害に警戒が必要です。
北陸も一日雲が多く、ときおりザッと雨が降ります。午前を中心に、カミナリを伴い激しく降る所があるでしょう。
関東甲信も雨雲の湧きやすい状態が続きます。長野県は午前を中心に、そのほかは午後、カミナリを伴って雨脚が強まるでしょう。道路が一気に冠水するほど、非常に激しく降る所もありそうです。
東北も雨が降ったり止んだりでしょう。南部ではこれから昼頃にかけて、カミナリが鳴ったり、激しい雨の降る所がありそうです。
北海道は午前中は曇りや雨ですが、午後は晴れ間が出るでしょう。

きょうの最高気温

きのうと同じくらいの所が多い見込みです。
那覇34度、鹿児島35度、福岡と高知、広島と大阪で33度など、沖縄や九州から近畿はきょうも体に堪える暑さです。
東海や北陸、関東は、30度に届かない所が多いですが、湿度が高く蒸し暑いでしょう。名古屋と東京、金沢と新潟は29度の予想です。
東北は、太平洋側はきょうも涼しいでしょう。仙台は24度の予想です。日本海側は25度を超えるでしょう。秋田は27度の予想です。
札幌で25度など、北海道は日差しはあってもそれほど上がらないでしょう。