週末、北海道と東海から西は晴れて、西日本では残暑が厳しくなりますが、東北と関東は相変わらずの曇天。非常に激しい雨や雷雨になる所も。

19日は大気の状態が不安定に

19日(土)、低気圧や湿った空気の影響で、東日本で大気の状態が不安定になるでしょう。東海から西では強い日差しが照りつけて、残暑が厳しくなりますが、こちらも急な雨や雷雨に注意が必要です。晴れていても、念のため折り畳み傘をお持ち下さい。
【北海道】
朝晩は雲が多くなりますが、日中はおおむね晴れるでしょう。太平洋側では、午前中に霧が出て、見通しが悪くなる所もありそうです。最高気温は平年並みで、札幌26度、釧路21度の予想です。
【東北】
朝から雲が広がって所々で雨が降るでしょう。短い時間にザーッと降る雨やカミナリにも注意が必要です。日中の気温は平年より低い所が多く、仙台は22度で9月下旬並みとなりそうです。
【関東】
午前中は日の差す所もありますが、午後は大気の状態が不安定になります。所々で雨が降り、平野部でもカミナリが鳴ったり、土砂降りになる所があるでしょう。北部では、滝のような雨が降ることもありそうです。東京都心では、8月に入って18日連続で降水が観測されていますが、19日も雨が降る見込みで、40年前の記録(8月に22日連続で降水)にジワジワと迫りそうです。最高気温は30度前後の所が多くなるでしょう。都心は31度の予想で、蒸し暑さが続きそうです。
【北陸】
晴れ間の出る所もありますが、雲が多くなるでしょう。新潟は、夕方まで急な雨や雷雨に注意が必要です。その他の各地も午前中を中心に雨が降り、カミナリの鳴る所がある見込みです。日中の気温は、金沢で30度まで上がって真夏日になりそうです。
【東海・近畿】
明け方までは雨や雷雨の所がありますが、日中はおおむね晴れるでしょう。気温の高い状態が続き、残暑厳しくなりそうです。最高気温は、名古屋33度、大阪34度の予想です。熱中症対策を忘れずにお過ごし下さい。
【中国・四国・九州】
日中は、晴れる所がほとんどです。ただ午後は大気の状態が不安定になり、にわか雨や雷雨の所もある見込みです。天気の急変に十分ご注意下さい。日中の最高気温は広島、高知、福岡は33度、鹿児島は34度の予想です。
【沖縄】
高気圧に覆われて晴れるでしょう。19日も強い日差しが照りつける見込みです。紫外線対策を忘れずにお過ごし下さい。那覇の最高気温は34度の予想で、厳しい暑さが続く見込みです。

20日も都心で雨の予想

20日(日)は、北からオホーツク海高気圧が張り出す見込みです。このため、東北と関東は、東からの湿った空気が流れ込み、相変わらずすっきりしない天気でしょう。
【北海道】
広く晴れて、行楽日和となるでしょう。気温も平年並みの予想で、過ごしやすい一日となりそうです。子供たちの夏休み最後の日曜日。楽しい思い出作りができるでしょう。
【東北・関東・北陸】
どんよりとした空で、東北の太平洋側や関東は、一時的に雨が降る見込みです。お出かけの時に雨が降っていなくても、折り畳み傘を持って出かけた方が良いでしょう。日差しが戻るのは、来週半ばまでお預けとなりそうです。
【東海〜九州】
晴れて、引き続き残暑が厳しいでしょう。夜も蒸し暑く感じられそうです。冷房や扇風機を上手に活用して、体調管理にお気をつけ下さい。
【沖縄】
湿った空気が流れ込み、雲に覆われるでしょう。雨の降る所もある見込みです。ただ日中の気温は高く、蒸し暑さは続きます。熱中症対策を忘れずにしましょう。