今朝(22日)の道内は、道央や道南方面を中心に雨となり、札幌では午前6時頃からやや降り方が強まってきました。道南方面では、明日の明け方までの24時間に降る雨の量が100ミリと、大雨になる恐れがあります。

道央や道南方面 昼過ぎまで激しい雨

昼過ぎにかけて、千歳や室蘭など道央や道南方面で局地的に雷を伴い1時間に40ミリ前後と、傘を差していても足元が濡れる雨の降り方となるでしょう。外出の際は、レインブーツの方がよさそうです。夕方には道央や道南方面の雨のピークは越えますが、雨の中心は次第に道東へと移ります。夜にかけて道東では釧路や根室など沿岸を中心に雨の降り方が強まるでしょう。札幌でも夜遅くまで傘の手放せない天気が続く見込みです。西から雨雲が断続的に流れ込む日高山脈周辺では明日の明け方までの24時間で100ミリに達する恐れがあるため、土砂災害に注意が必要です。

明日 雨上がりで蒸し暑い

明日の朝には広く雨はやみ、道央や道南方面から日差しが戻り気温が上がります。明日の最高気温は全般に平年より3度前後高く、札幌や函館など道央や道南方面では28度くらい、十勝地方では30度以上の真夏日となる可能性があります。雨上がりで湿度が高く蒸し暑いでしょう。道東方面では8月に入ってから平年より低めの気温が続いており、体が暑さに慣れていない方も多いと思います。こまめに水分を補給するなど、熱中症に注意が必要となりそうです。