最新の1か月予報が発表されました。残念ながら9月は秋雨前線の影響を受けやすく、待望の青空が長く続く所は少ないでしょう。ただ、関東から西は蒸し暑い日が多く、本格的な秋への歩みはゆっくりとなりそうです。

8月26日〜9月1日

【北海道・東北】気圧の谷の影響を受けやすく、天気は数日の周期で変わるでしょう。今週いっぱいは平年並みか高い所が多いですが、来週になると次第に秋の空気が入って、平年を下回る所が増えてきそうです。
【北陸】気圧の谷や湿った空気の影響を受けやすく、平年に比べて晴れの日が少ないでしょう。ただ、南から暖かく湿った空気が入り、気温は平年並みか高い見込みです。
【関東・東海・西日本の日本海側】天気は数日の周期で変わる見込みです。青空が広がっても、長続きしないでしょう。ただ、気温は平年並みか高く、各地で蒸し暑さが続きそうです。
【西日本の太平洋側】平年と同様に晴れの日が多いでしょう。気温は平年より高く、33度前後まで上がる見込みです。
【沖縄・奄美】湿った空気の影響を受けやすく、平年に比べ、晴れの日が少ないでしょう。気温は平年より高い状態が続きそうです。

9月2日〜8日

【北海道・東北】引き続き、天気は数日の周期で変わるでしょう。寒気の影響を受けやすくなるため、気温は低温傾向となりそうです。
【北陸・西日本の太平洋側】秋雨前線の影響を受けやすく、平年に比べ晴れの日が少ないでしょう。気温は平年並みの見込みで、秋の気配が感じられる日があるかもしれません。
【関東・東海・西日本の日本海側】天気は数日の周期で変わりますが、秋雨前線や湿った空気の影響を受けやすく、平年に比べ晴れの日が少ないでしょう。気温は平年並みの見込みです。
【沖縄・奄美】湿った空気の影響を受けやすく、平年に比べ、晴れの日が少ないでしょう。気温は平年より高い見込みです。

9月9日〜22日

【北・東日本、西日本の日本海側】天気は数日の周期で変わるでしょう。気温は平年並みか高い所が多く、西日本の日本海側では平年より高い見込みです。
【西日本の太平洋側】平年と同様に晴れの日が多いでしょう。気温も平年より高く、本格的な秋への歩みはゆっくりとなりそうです。
【沖縄・奄美】湿った空気の影響を受けやすく、平年に比べ、晴れの日が少ないでしょう。気温は平年より高い見込みです。
※北日本=北海道・東北、東日本=関東甲信越・東海・北陸、西日本=近畿・中国・四国・九州