25日、札幌管区気象台は9月〜11月の北海道の3か月予報を発表しました。気温は平年より高い見込みです。これは、大気全体の気温が平年より高い傾向が続く影響によるもので、季節の歩み方は平年通りとなりそうです。降水量は、ほぼ平年並みでしょう。

月ごとの詳しい天気

(9月)
移動性高気圧と低気圧が交互に通過するため、数日の周期で爽やかな秋晴れとなったり、雨が降ったりするでしょう。気温は9月のはじめは平年並みか低めですが、中旬以降は平年並みか高くなるため、過ごしやすい陽気の日もありそうです。降水量はほぼ平年並みでしょう。
(10月)
高気圧と低気圧が交互に通過するでしょう。日本海側では前半は数日の周期で天気が変わり、後半は平年と同様に曇りや雨の日が多くなる見込みです。秋が深まると、次第に大陸から寒気が流れ込むようになり、日本海側ではしぐれ模様の天気が増えてきます。一方、山の風下となる太平洋側やオホーツク海側では、平年と同様に数日の周期で天気が変わり、晴れる日が多くなる見込みです。気温は平年並みか高く、降水量はほぼ平年並みでしょう。
(11月)
次第に冬型の気圧配置が現れるようになり、寒気の影響を受ける日がある見込みです。日本海側とオホーツク海側では、平年と同様に天気の崩れる日が多くなり、雪の降る日もあるでしょう。一方、太平洋側は、晴れる日が多くなってきます。気温は平年並みか高く、降水量はほぼ平年並みでしょう。