秋雨前線が九州の南で活動を強め、種子島・屋久島地方など九州南部に活発な雨雲が流れ込み始めています。今夜からあす朝にかけて、九州南部は局地的に非常に激しい雨が降り、大雨となる恐れがあります。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水などに十分な注意が必要です。

九州南部 大雨に注意

これからあす22日(金)にかけて、秋雨前線が九州の南岸付近へ北上してきます。秋雨前線は活動を強めており、九州の南西海上で発生した活発な雨雲が、すでに九州南部へ流れ込み始めています。今夜からあす22日(金)の朝にかけて、秋雨前線に伴う活発な雨雲が次々に九州南部へ流れ込み、種子島・屋久島地方をはじめ局地的に非常に激しい雨が降る恐れがあります。九州南部は、大雨による土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水などに十分な注意が必要です。

九州南部を中心に肌寒い

九州北部も、あす22日(金)にかけて雲の多い状態が続き、熊本県や大分県を中心に雨が降るでしょう。九州は、あす22日(金)は雨が降りやすい九州南部を中心に気温の上昇が抑えられ、薄着では少し肌寒く感じられそうです。お出掛けには、上から一枚着る物があると安心でしょう。