メイン画像

18日は沖縄や九州を中心に大雨となっています。この雨雲は次第に東へ移動し、この後、中国・四国地方では夜にかけて、東海地方ではあす19日の朝にかけて、大雨による土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水などに警戒・注意してください。

18日 沖縄や九州地方で雨雲発達 次第に東へ

画像A

18日は、低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、沖縄と西日本を中心に大気の状態が不安定で局地的に激しい雨が降っています。沖縄県や鹿児島県では、すでに半日で降った雨の量が100ミリを超えている所もあります。
午前中に沖縄や九州から近畿地方にかけてかかっていた雨雲は次第に東へ移動し、昼過ぎには東海地方にも雨雲がかかり始めました。また、暖かく湿った空気が流れ込んでいるため、雨雲本体から離れている関東地方でも、所々で弱い雨が降っています。

夜にかけて中国・四国地方でも大雨のおそれ

画像B

引き続き、沖縄は夕方頃まで、九州は夜にかけて発達した雨雲がかかるでしょう。
中国・四国地方も、この後夜にかけて大雨となるおそれがあります。四国地方の太平洋側では、多い所で1時間に60ミリの滝のような雨が降ると予想されています。また、雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要です。土砂災害や浸水害、河川の増水に注意・警戒してください。

東海地方は今夜から19日朝にかけて大雨に警戒、あすは関東も激しい雨

画像C

近畿や東海地方、伊豆諸島も、夕方には本降りの雨となり、夜には雷を伴って激しく降る見込みです。
特に東海地方では沿岸部を中心に19日朝にかけて、伊豆諸島では19日昼前にかけて、雷を伴った非常に激しい雨が降り、大雨となる所があるでしょう。多い所で1時間に50ミリの滝のような雨が降ると予想されています。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に注意・警戒するとともに、竜巻などの激しい突風、落雷、降ひょうにも注意してください。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。
また、関東地方南部でも、19日明け方から昼前にかけて、雷を伴って非常に激しい雨が降るでしょう。多い所で1時間に30ミリの雨が予想されています。
あすにかけて荒天のエリアが西から東へと移っていきます。大雨への備えをお願いします。