きょう20日は、動きが遅い低気圧の影響で、東北地方などで冷たい雨。北海道から東北地方の所々に低温注意報が発表中。

きょう20日(水)は、東北付近を寒冷渦が通過

画像A

きょうは、オホーツク海の高気圧が北海道から本州付近に張り出し、この時期としては、とても冷たい空気を伴った低気圧が⽇本海をゆっくりと進む見込みです。こうした低気圧は寒冷渦と呼ばれています。関東の東に別の低気圧が発⽣するでしょう。東シナ海に移動性高気圧が現れて、沖縄付近の梅雨前線は南に下がる見込みです。
低気圧が通過する東北地方は広範囲が⾬で、⾵が強まるでしょう。傘をさしていても、濡れてしまうことがありますので、お出かけになる方はレインコートや替えの靴下、ハンドタオルなどを用意されたほうがよいでしょう。雨が降りやすいエリアは北海道の道南や北信越、山陰まで及びそうです。
【各地の天気】
沖縄は、本島地方を中心に梅⾬の晴れ間になりますが、宮古島や石垣島などの先島諸島では、昼頃にかけて雨の降る所がある見込みです。九州から四国は、多くの所で晴れの一日になるでしょう。日中は強い⽇差しが降り注ぎそうですから、外に出る際は、帽子や日傘、サングラスなど紫外線対策をなさってください。中国地⽅の山陰側と近畿北部は雲が多く、夜にかけて通り⾬があるでしょう。中国地方の山陽側や近畿地方の中部と南部、東海では晴れの一日になりそうです。
関東甲信や北陸は朝晩を中⼼に⾬が降りますが、日中は日が差す所がある見込みです。新潟県内では午前中を中心に雷を伴う所がありそうです。東北は各地で夕方ごろにかけて⾬が降るでしょう。沿岸部を中心に東風や北風が強まる見込みです。三陸沿岸では、午前中は霧のかかる所がありそうです。北海道は、函館などの道南で、昼頃にかけて⾬が降るでしょう。道央や道北、道東では晴れる所が多いでしょう。

きょうの気温 北海道と東北は寒いくらいの所

オホーツク海高気圧と冷たい空気を伴った低気圧の影響で、北海道の太平洋側と東北の太平洋側を中心に気温が低いでしょう。北海道から東北では日中でも10度を下回って、5月だというのに3月並みの気温で、寒いくらいの所があるでしょう。役目を終えかけた暖房器具に、思わず火を入れたくなるほどでしょう。ただ、道北や道央で晴れる所では、日差しの後押しで20度近くなる所があるなど、地域による差が現れそうです。
関東から東海や近畿から中国地方、九州北部でも平年並みか低くなる所が多いでしょう。雲に覆われる所では、きのうよりも空気がヒンヤリとしそうです。四国や九州南部から沖縄では25度を超えて夏日になる所がありそうですが、こちらの各地も、きのうを下回る所がほとんどです。