きょう22日は、多くの所で晴れますが、関東と東北はスッキリしません。また、南に延びる梅雨前線の活動が活発化し、沖縄は激しい雨や雷雨となるでしょう。

きょう22日 各地の天気

画像A

きょうも、東北や関東には海からの湿った冷たい空気が流れ込みます。また、南に延びる梅雨前線の活動が次第に活発になります。
【各地の天気(西から)】
沖縄は雨や雷雨で、傘があっても濡れてしまうほど激しく降る所があるでしょう。特に本島地方では、夕方以降、道路が一気に冠水するような非常に激しい雨の降るおそれがあります。風も強まるでしょう。
九州は、日中は広く晴れるでしょう。夜は南から湿った空気が流れ込み、南部で局地的に雨雲が湧きそうです。
中国・四国、近畿、東海は一日晴れて、北陸は雲の間から日が差すでしょう。
関東はきょうも雲が主役で、午前を中心に所々で雨。沿岸部では局地的に雨が強まりそうです。
東北も曇りや雨でしょう。特に雨の降りやすい時間帯は、日本海側は午前中で、太平洋側は夕方以降です。
北海道は、朝晩は日本海側を中心ににわか雨の所がありますが、日中はおおむね晴れるでしょう。

日中の気温 関東と東北はきょうもあまり上がらず

【最高気温(西から)】
沖縄は、きのうと同じか高く、25度前後の予想です。九州から東海にかけても、きのうと同じかやや高く、広い範囲で25度前後まで上がるでしょう。日中は半袖でちょうど良さそうです。北陸も20度を超え、平年並みに戻るでしょう。
関東と東北は、きのうに比べるとやや高くなりますが、それでも、太平洋沿岸の地域を中心に冷たい北東風が吹き、この時期としては低い状態が続きます。きょうの日中も、羽織る物があると良さそうです。
北海道は、札幌を含む南西部や釧路など太平洋側の沿岸部では、平年より低く、空気がヒンヤリと感じられるでしょう。