梅雨前線が停滞する沖縄は、24日(日)にかけて大雨になるおそれがあります。一方、暖かい空気が流れ込み、気温が上がるのは九州から関東。関東はヒンヤリした日が続きましたが、ようやく肌寒さが解消されるでしょう。

あす 関東や東北 すっきりぜず

画像A

あす23日(土)は、南の海上に停滞する前線上を低気圧が進むでしょう。本州付近は高気圧に覆われますが、湿った空気や気圧の谷の影響を受ける東北を中心に、雨の降る所がありそうです。
梅雨前線の活動が活発になり、沖縄は雨が続きそうです。雷を伴って非常に激しい雨の降る所もあるでしょう。すでに大雨になっている所もありますので、土砂災害や川の増水・氾濫などに警戒して下さい。
九州から東海、北陸は晴れて、比較的カラッとした暑さでしょう。
関東や東北は雲の多い天気で、日中を中心に雨が降るでしょう。大気の状態が不安定になり、カミナリが鳴る所もありそうです。日中の気温は20度前後ですが、ここ数日に比べると気温は高いでしょう。
北海道も雲が多く、にわか雨がありそうです。

関東もようやく気温上昇

日曜日以降も、南の海上に前線が停滞するでしょう。
沖縄は梅雨空が続きそうです。前線上の低気圧や気圧の谷が通過するたびに雨脚が強まるでしょう。雨の降り方には注意が必要です。
九州から東海は雲が広がりやすいですが、日の差す日もあるでしょう。梅雨入りはもう少し先ですが、晴れる時間を有効に使って下さい。最高気温は平年並みの日が多く、極端な暑さはない見込みです。
関東や北陸、東北、北海道もスッキリ晴れる日は少ないでしょう。
26日(火)頃は、東日本と北日本を前線が通過する予想です。長く降り続く雨ではありませんが、一時的に雨や風が強まるでしょう。
関東や東北は、日曜日にようやく日差し復活。日中は気温が上がります。関東では、来週は最高気温が25度以上の夏日の日も多くなり、半袖で過ごせるような陽気の日もあるでしょう。