台風21号はさらに勢力を強め、あす20日には非常に強い勢力に。21日から22日の沖縄は大荒れ。23日は九州や四国、本州にかなり接近し、24日にかけて本州を縦断する恐れもあります。

大型とは 強い勢力とは

台風21号は、きょう19日(木)午後3時現在、「大型で強い勢力」です。「大型」とは、強風域(風速15メートル以上の半径)が500キロ以上800キロ未満の台風のことで、強い風の影響が広範囲に及びます。また、「強い」勢力とは、最大風速が33メートル以上44メートル未満の台風のことで、勢力が強まるほど、より強い風が吹き荒れます。

さらに発達して沖縄へ接近

台風21号は、このあとも海面水温の高いエリアを北上するため、さらに勢力を強めます。あす20日(金)には日本の南で「非常に強い勢力」となり、21日(土)には沖縄の大東島地方に接近するでしょう。大東島地方や先島諸島では荒れた天気となり、海上は大しけとなる見込みです。22日(日)にかけては、沖縄本島地方も暴風域に入る恐れがあります。交通機関に影響が出るかもしれません。

本州への影響は

さらに23日(月)頃からは九州や四国、本州へとかなり接近する見込みです。まだ、進路予報に幅がありますが、24日(火)にかけては近畿から関東、東北など本州を縦断する恐れがあります。台風の北上スピードは徐々に速くなるため、勢力があまり衰えないまま、列島を駆け抜けることも考えられます。また、本州の南に停滞する前線の活動が活発になるため、台風が近づく前から断続的に強い雨が降る所もあるでしょう。週末以降は全国的に大雨や大荒れとなる恐れがありますので、このあとも最新の台風情報を確認するとともに、早めに大雨や暴風に備えてください。