台風21号は、発達しながら北上中。強い勢力で西日本から東日本に接近し、上陸する恐れがあります。22日(日)から23日(月)は、広い範囲で大荒れの天気となりそうです。

台風21号 非常に強い勢力で接近

台風21号は今後次第に北上し、21日(土)から22日(日)にかけて、日本の南まで進んできます。23日(月)の午前中には、強い勢力で西日本から東日本に接近し上陸する恐れがあります。

あす 沖縄は荒れた天気 そのほかの各地、台風対策はあすの内に

沖縄は台風の影響を受けるでしょう。また、本州の南には前線が停滞します。この前線に向かって、台風周辺の湿った空気が流れ込んでくるため、雨の強まる所がありそうです。
【各地の天気(西から)】
沖縄は荒れた天気でしょう。各地で雨が強まり、1時間50ミリの非常に激しい雨の降る所もありそうです。風も強く、特に大東島地方では夕方から次第に暴風となるでしょう(風のピークは22日の午前中となる見込み)。海は大シケとなるでしょう。
九州から近畿、東海は一日雨で、午後は太平洋側の沿岸部を中心に雨脚が強まるでしょう。夜は激しく降る所がありそうです。
関東も断続的に雨が降り、夕方以降は本降りになりそうです。
北陸は夕方から広い範囲で傘が必要になるでしょう。
東北も雲に覆われて、朝晩を中心に雨が降ります。
北海道は日差しがありますが、南西部や東部ではにわか雨の所もありそうです。
なお、九州から東北は、日曜から月曜にかけ、雨も風も強まってきます。停電対策や非常食の準備、避難経路の確認など、台風への備えは、出来るだけあすの内に済ませておくようにして下さい。

あさって以降の天気

22日(日)は、沖縄は午前を中心に大荒れの天気でしょう。そのほかも、広い範囲で雨が降り、九州から関東で大雨となる恐れがあります。特に、九州から東海では、わずか一日で10月のひと月分の雨量を上回るような雨が一気に降る所もある見込みで、午後は風も強まって荒れてきそうです。
23日(月)は、台風の接近または上陸により、九州から東北の広い範囲で雨と風が共に強まり、大荒れの天気となるでしょう。特に、土砂崩れや川の氾濫に警戒が必要です。台風接近前から大雨になるうえ、更に雨の量が多くなり、大規模な災害が発生する恐れがあります。風も各地で強まり、太平洋側を中心に看板が飛ばされるような暴風が吹き荒れるでしょう。台風情報や、自治体からの避難に関する情報を十分に確認し、早めかつ慎重な行動を心がけてください。
24日(火)は、九州から東北の雨や風は収まってきますが、北海道では東部を中心に雨や雪(台風が北から寒気を引き込む)で、暴風の吹く所がありそうです。
25日(水)以降は広く晴れるでしょう。