今朝(21日)の道内は、高気圧の張り出しの中となり、日本海側やオホーツク海側を中心に秋晴れとなりました。札幌中心部も雲一つない気持ちの良い朝となりました。ただ、週明けには道内にも台風が接近し、大荒れとなりそうです。

週末の天気

今日(21日)は、日本海側やオホーツク海側は晴れ間の広がる所が多いでしょう。太平洋側は雲が広がりやすく、午後を中心に雨が降りやすくなります。また、夜は渡島や胆振、日高地方の山沿いなど雨脚の強まる所もありそうです。明日(22日)は、寒冷前線が北海道付近を通過するため、各地で雨となります。北部や南西部は午前を中心に、東部は一日を通して雨が降りやすいでしょう。大気の状態もやや不安定になるため、一時的にざっと強く降ることもありそうです。この週末は気温が平年並みかやや高めで、日本海側を中心に15度に届く所が多くなりそうです。

暴風や高波、雪への備えを

週明け23日から24日にかけては、台風21号の影響で太平洋側を中心に暴風を伴った雨が降り、大荒れの天気となる見込みです。暴風や高波に警戒が必要です。また、台風の進路によっては上空に寒気が流れ込み、旭川や北見など北部や東部の内陸では平地でも湿った雪が積もるおそれがあります。湿った雪による停電に備えて、懐中電灯やラジオ、暖がとれるようにポータブルストーブの用意などもしておくと良さそうです。また、農業用ハウスが倒壊するおそれもあるため、対策をしておくと安心です。