きょう5日(金)の九州は、朝から気温が高く、最低気温が20度前後とことし一番高い最低気温になった所もありました。日中は日差しと暖かい空気の流れ込みで、内陸部では最高気温は33度から34度まで上がる所があり、真夏並みの暑さになる見込みです。こまめに水分を補給したり、屋外では帽子を被るなどして熱中症に警戒して下さい。

今朝の最低気温

5日(金)の最低気温は、九州で20度前後の所が多くなりました。長崎県対馬市鰐浦と佐賀県佐賀市で21.6度、福岡県福岡市21.4度、大分市20.2度など、所々でことし一番高い最低気温になりました。

日中は真夏並みの暑さ 熱中症に警戒

午前10時40分現在、福岡市ではすでに30度超え、ことし初めての真夏日になっています。
きょうの日中は日差しと暖かい空気の流れ込みで、九州は各地で真夏並みの暑さになる見込みです。予想最高気温は、大分県日田市で34度、福岡県久留米市と熊本県人吉市は33度など、内陸部を中心にこの時季としては厳しい暑さになる見込みです。その他も30度以上の真夏日の所が多くなるでしょう。
暑さに慣れていないこの時季は、急な暑さで熱中症になりやすくなります。喉が渇く前にこまめに水分補給したり、屋外では帽子を被ったり、暑い時間帯は無理をしないようにしましょう。また、周囲の人と距離を十分とったうえで、適宜マスクをはずして休憩をとるようにしましょう。