きょう8日は、本州付近の高気圧に覆われるため晴れる所が多く、広範囲で真夏日。梅雨前線が停滞する沖縄・奄美などで大雨のおそれ。気圧の谷が通過する北海道は雲が多く午後を中心に雨や雷雨も。

きょうの天気 南西諸島 大雨のおそれ 土砂災害に注意警戒

画像A

きょう8日(月曜日)は、梅雨前線が、きのうより少し北上して沖縄地方と奄美地方に停滞する見込みです。前線に向かって、引き続き南から湿った風が流れ込んでいるため、前線の活動が活発になって、大気の状態が不安定になっています。
沖縄本島地方では、きょう夕方にかけて大雨による土砂災害に注意が必要です。あすの朝6時まで予想される雨量は、多い所で、沖縄本島地方で150ミリ、宮古島地方で50ミリ、八重山地方で80ミリです。
一方、鹿児島県奄美地方と種子島、屋久島では、きょうからあすにかけて、非常に激しい雨が予想されるなど大雨になって、土砂災害に警戒が必要になりそうです。
また、沖縄から奄美、種子島、屋久島など南西諸島では、あすにかけて落雷や竜巻などの激しい突風にも十分な注意が必要です。

きょうの天気 九州、四国、本州は晴れて強い日差し

画像B

きょう8日は、九州から東北にかけて、本州付近の高気圧に覆われる見込みです。このため、九州から四国、中国、近畿、北陸、東海では一日を通して晴れるでしょう。関東は、朝までと夜は雲が広がりますが、日中は晴れて日差しが照りつける見込みです。千葉県や茨城県など関東の東部沿岸部では、朝まで雨の残る所があるでしょう。東北は、南部は穏やかに晴れますが、北部は北海道付近を気圧の谷が通過する影響で、雲が広がりやすい見込みです。北海道は、気圧の谷の影響で雲が広がりやすく、午後を中心に雨や雷雲の所が多くなりそうです。
この時期の太陽は、夏至に近づいて一年中で最も高い角度から、文字通りサンサンと照り付けるため、紫外線も強烈です。外出される方は、帽子、サングラスの着用や日傘の活用、日焼けが気になる方はクリームを塗るなどして、お肌や目をしっかりガードされたほうがよいでしょう。在宅の方も、ガラス越しの紫外線に、お気をつけ下さい。

きょうの気温 東海から九州、沖縄で真夏日

画像C

きょう8日は、沖縄は平年並みですが、九州から四国、中国と近畿や東海、関東から東北南部にかけては、平年並みか高い予想です。日本列島の広範囲で30度以上の真夏日や真夏日に迫る所が多くなるでしょう。
福岡県や佐賀県、大分県には35度以上の猛暑日に迫るおそれがあるとして高温注意情報が発表されています。
東北北部は20度から25度くらい、北海道は20度前後から25度前後の所が多く、こちらも平年並みか高くなる予想です。
25度以上の夏日や30度以上の真夏日になる所はもちろんのこと、35度以上の猛暑日になる可能性がある所では、熱中症のリスクが一段と高くなります。
こまめな水分補給、適度な塩分やミネラル分の補給を心がけ、作業に取り掛かる際には、屋外屋内を問わず、あらかじめ休憩タイムを設定しましょう。
近頃、新しい生活様式での熱中症予防行動のひとつとして「マスクを外す」ことが推奨されました。高温や多湿の条件下では、マスクの着用が熱中症のリスクを高めてしまうと指摘されています。きょうは、そのリスクが高まってしまう所が多くなります。必ず、他の方との間隔が2メートル以上あることを確認してから「マスクを外す」ようになさって下さい。