あす9日(火)は、梅雨前線に伴う活発な雨雲が九州南部にかかる予想。あさって10日(水)以降は、さらに前線が北上し、雨のエリアが広がる。

あす9日(火) 沖縄〜九州南部は雨 晴れる所は暑さ増す

画像A

きょう8日(月)は、梅雨前線の影響で、沖縄は石垣島地方を中心に大雨となっています。梅雨前線は、あす9日(火)にはやや北上し、九州南部に近づくでしょう。一方、九州北部から北海道にかけては高気圧に覆われる見込みです。
【各地の天気】
沖縄と奄美は雨で、午前を中心にカミナリを伴い激しく降る所があるでしょう。九州南部も雨や雷雨で、降り方の強まることがありそうです。特に、先週の中頃からたびたび大雨となっている種子島・屋久島地方は、道路が一気に冠水するような非常に激しい雨の降るおそれがあります。九州北部は、午前中は晴れ。午後は局地的に雨雲が湧いてきそうです。四国は、日中いっぱい晴れるでしょう。夜は太平洋側で曇りや雨となりそうです。中国地方から北海道にかけては一日晴れて、洗濯日和でしょう。
【最高気温】
全国的に平年より高いでしょう。九州北部から東北南部にかけて広く30度前後の予想で、内陸を中心に35度くらいまで上がる所もありそうです。東北北部の内陸も30度くらいで、北海道も25度前後と汗ばむほどの所が多くなるでしょう。暑さ対策を万全になさってください。

あさって以降

画像B

あさって10日(水)は、関東や北陸から北は日差しがあり、季節先取りの暑さが続きます。特に、東北の内陸では最高気温35度以上の猛暑日の所もある見込みで、北海道も30度くらいまで上がる所があるでしょう。東海から西は前線や湿った空気の影響で雨となり、九州南部は大雨の所がありそうです。
11日(木)以降は、さらに前線が北上します。沖縄や奄美は晴れてきますが、九州から東北にかけては曇りや雨の日が続き、広い範囲で梅雨入りしそうです。北海道も、スッキリとした晴れではなく、雲のかかる時間が多くなりそうです。
気温は全国的に平年並みか高い状態が続くでしょう。雨でも、日中の気温が広く25度を超え、かなり蒸し暑く感じられそうです。