この先1週間、梅雨前線が本州付近に停滞する日が多くなる。九州から東北の広範囲で曇りや雨の日が多い。沖縄と奄美は、あすにかけて雨が降るが、その後は晴れる日が多くなる予想で、梅雨明け秒読みか。

あすの天気 全国的に曇りや雨

画像A

梅雨前線が北上するため、九州から東北にかけて雨が降りやすく、雷を伴う所や非常に激しい雨の降る所があるでしょう。広い範囲で大雨に警戒、注意が必要です。
沖縄や奄美では、前線に向かって湿った南風が流れ込むため、昼頃にかけて雨で、カミナリを伴う所がありますが、次第に回復してくるでしょう。北海道は、低気圧や前線が通過する影響で、日中から夜にかけて雨が降りやすく、雷を伴う所がある見込みです。
日中の気温は、沖縄から九州と中国、四国、近畿では、平年並みか低い所が多くなりそうです。北陸や東海と関東、東北、北海道では平年より高い所が多くなりそうです。

あさって以降の天気 広く梅雨空に

画像B

北海道は、12日(金曜)から13日(土曜)にかけて、晴れ間が出る日がありますが、14日(日曜)頃からは、この時期としては冷たい空気を伴った低気圧や湿った空気の影響を受けやすくなるため曇りや雨の日が多くなるでしょう。東北は北部で12日頃に晴れ間がありますが、梅雨前線に近い南部を中心に曇りや雨の日が多くなる見込みです。関東から九州では、梅雨前線の影響で雨の日が多いでしょう。近畿から九州では雨量が多くなる所があり、土砂災害に注意が必要です。沖縄や奄美は、12日頃からは高気圧に覆われて晴れる日が多くなる見込みです。
最高気温と最低気温はともに、全国的に平年並か平年より高い日が多く、平年よりかなり高い日もあるでしょう。