7月中旬にかけてのポイントは「大雨」と「気温差」です。西日本を中心に、大雨傾向が予想されています。全国的には蒸し暑い日が多く、熱中症の危険度が高まる恐れがありますが、6月下旬は一時的に梅雨寒となりそう。最新の1か月予報です。

1か月全体 西日本で大雨傾向 全国的に蒸し暑いですが

画像A

11日には、九州北部や北陸、関東甲信、東北地方で梅雨入りして、広い範囲で雨の季節を迎えました。平年ですと、7月中旬にむけては、梅雨の時期の所が多く、大雨になるかどうか、気になる方も大勢いらっしゃるのではないでしょうか。
そんな中、気象庁は11日に「1か月予報」を発表しました。1か月全体の降水量は、北・東日本と沖縄・奄美では「ほぼ平年並み」ですが、西日本は「平年並みか多い」でしょう。西日本では、過去にも「平成 30 年 7 月豪雨」など、梅雨の時期に大雨になったことがありますので、今年も大雨への備えを、心掛けてください。
また、この先1か月全体の平均気温は、北・東日本と沖縄・奄美で「平年より高い」、西日本で「平年並みか高い」予想です。今年は広い範囲で「蒸し暑い梅雨」になりそうです。
ただ、この先は、ずっと蒸し暑いわけではなく、週ごとに「気温の変動が大きくなる」のが注意点です。

【6月13日〜19日】全国的に高温傾向 沖縄は真夏の厳しい暑さか

週ごとに詳しくみてみます。
6月13日〜19日は、全国的に、平均気温は平年より高いでしょう。西日本を中心に、南から「暖かく湿った空気」が流れ込みやすいので、気温だけでなく、湿度も高く、不快な暑さになりそうです。
沖縄地方では、13日から18日頃にかけて、高気圧に覆われて晴れるため、最高気温が33度以上となる所があり「高温に関する沖縄地方情報」も発表されています。沖縄では、このタイミングで平年より早く「梅雨明け」する可能性があり、いつもより早い夏空のもと、厳しい暑さが続きそうです。熱中症など、体調管理に十分な注意が必要です。

【6月20日〜26日】沖縄は「戻り梅雨」 九州から東北は「梅雨寒」に

ただ、6月20日〜26日は、前の週に比べて、天気も気温も一転するでしょう。
この期間は、前線の位置が、平年よりも南よりになり、沖縄・奄美でも前線の影響を受ける時期がありそうです。沖縄・奄美では、雨が多い傾向と予想されており、前の週に「梅雨明け」となれば、「戻り梅雨」になる可能性があります。
一方、前線が南に下がるということは、本州付近は、前線の北側の「ヒンヤリした空気」に包まれるでしょう。このため、この週の平均気温は、北・東日本で「平年並みか低く」、西日本で「平年より低い」予想です。梅雨の時期である九州から東北は「梅雨寒」となりそうです。前の週が、特に暑かっただけに、気温の差が大きく、一段と体にこたえるでしょう。服装で上手に調節してください。

【6月27日〜7月10日】西日本は梅雨末期の大雨か

画像D

6月27日〜7月10日になると、九州から東北の「梅雨寒」は解消されるでしょう。この期間の平均気温は、北・東・西日本で「ほぼ平年並み」、沖縄・奄美は「平年並みか高い」予想です。
天気は、北・東・西日本では、平年と同様に「曇りや雨の日」が多いでしょう。ただ、この期間は、西日本を中心に、気圧の谷の影響を受け、雨の量が「やや多い」傾向になりそうです。平年ですと、西日本(九州南部〜近畿地方)の梅雨明けは、7月14日ごろ〜21日ごろですが、過去には、梅雨末期に大雨になった年もあります。最新の予報をチェックして、今年も大雨には、十分にお気を付けください。
【北日本】北海道・東北地方
【東日本】関東甲信・北陸・東海地方
【西日本】近畿・中国・四国・九州北部地方・九州南部
【沖縄・奄美】鹿児島県奄美地方・沖縄地方