あす16日(火)も、関東は朝から日差しが降り注ぎ、厳しい暑さになりそう。ただ、午後は急に空が暗くなって、雷を伴った激しい雨の降る所も。天気の急な変化に注意が必要です。

あすも各地で真夏日

画像A

きょう15日(月)の関東は、晴れて各地で気温が上がりました。最高気温は、東京都心32.6度、横浜31.9度など今年一番の暑さとなった所が多く、栃木県佐野市では35.8度を観測して猛暑日となりました。(最高気温は午後3時までの値。)
あす16日(火)も、高気圧にゆるやかに覆われて、朝から広く晴れる見込みです。予想最高気温は、東京都心と横浜は31度、熊谷と前橋は34度など、各地で厳しい暑さが続くでしょう。引き続き、万全の熱中症対策をとるようにしてください。

午後はカミナリ雲が発生 落雷や突風にも注意

ただ、午後は上空に寒気を伴った気圧の谷が通過するため、所々でにわか雨がありそうです。急な雨で濡らさないように、洗濯物は昼過ぎまでにとりこんだ方が安心です。
気温の上昇に伴って大気の状態が不安定となるため、カミナリが鳴ったり、局地的に道路が川のようになるほど激しい雨の降る所があるしょう。
空が急に暗くなって、冷たい風が吹いてきたら、カミナリ雲が近づいているサインです。特に、夕方から夜のはじめ頃にかけて、天気の急な変化に注意してください。