16日(火)は、北海道から関東では急にカミナリが鳴り、激しい雨が降る所があるでしょう。竜巻など激しい突風が発生する恐れも。最高気温は、太平洋側を中心に真夏並みの所が多い予想です。

16日(火) 北海道から関東 所々でカミナリ雲が発生

画像A

16日(火)、北日本付近の上空5700メートル付近では、マイナス12度以下の寒気が流れ込んでいます。このため、北海道、東北、北陸、関東甲信では、夜遅くにかけて、広く大気の状態が非常に不安定になるでしょう。カミナリ雲が発生しやすい状態です。

画像B

北海道や東北北部は、雨や雷雨があるでしょう。局地的に激しい雨が降る見込みです。東北南部と関東甲信、北陸は、強い日差しが照りつけます。昼頃からあちらこちらで、雨雲が発生、発達するでしょう。急にカミナリが鳴り、強い雨が降る所がある見込みです。雨は長い時間降り続くことはありませんが、関東北部や東北南部では、傘をさしていても濡れてしまうくらいの激しい雨が降る所があるでしょう。
カミナリ雲の下では、竜巻など激しい突風が発生する恐れがあります。雹(ひょう)が降ることもあるでしょう。急に空が暗くなったり、急に冷たい風が吹いたりしたら、天気急変のサインです。発達したカミナリ雲が近づく兆しがある場合は、建物の中など、安全な場所に移動して下さい。
東北では、局地的に大雨になり、雨雲が予想以上に発達した場合は、警報級の大雨になる恐れがあります。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に警戒して下さい。北陸では、先日からの大雨で、地盤の緩んでいる所があります。雨の降り方によっては土砂災害に警戒が必要です。

東海〜九州は晴れ 梅雨前線は奄美付近を南下

東海から九州は、大体晴れる見込みです。近畿の日本海側では、昼過ぎから夕方にかけて、にわか雨があるでしょう。
梅雨前線は、奄美付近をゆっくり南下する見込みです。奄美では、雨や雷雨でしょう。竜巻などの激しい突風が発生する恐れがあります。沖縄は、夏空が広がる見込みです。

16日(火)の最高気温 九州の内陸で35度近くに 関東など真夏並み

画像D

最高気温は、沖縄、九州から北陸は、きのう(15日)と同じくらいか高いでしょう。30度前後の所が多く、九州の内陸では35度近くまで上がる所がある予想です。東海から北海道は、きのうと同じくらいか、低い所が多いでしょう。それでも、東海や関東、東北南部では30度以上で、真夏並みの所が多い予想です。冷房を使用するなど、熱中症対策をとってください。マスクは、人との距離が十分とれるとき(2メートル以上)は、適宜はずしましょう。