19日(金)は本州付近で梅雨前線の活動が活発に。九州から関東では大雨の恐れがあります。19日(金)の最高気温は、関東など5月並みになる所があるでしょう。

17日(水) 天気は西からゆっくり下り坂

画像A

17日(水)は、日本の南に停滞する梅雨前線が、九州付近でゆっくり北上する見込みです。九州は、南部で昼前から雨が降り出し、北部も夕方以降は雨の降る所があるでしょう。四国、中国地方から東海は、強い日差しが照りつける見込みです。ただ、天気はゆっくり下り坂へ向かいます。
関東は青空が広がるでしょう。夕方以降は、湿った空気の影響で雲が多くなり、山沿いで、にわか雨がある見込みです。東北も晴れ間が出るでしょう。北海道は、気圧の谷の影響で雲が広がりやすく、朝晩を中心に雨や雷雨がある見込みです。

18日(木)は梅雨前線北上 19日(金)は九州〜関東で大雨の恐れ

画像B

18日(木)は、梅雨前線は、九州を北上するでしょう。19日(金)にかけて、前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、本州付近で前線の活動が活発になります。九州から近畿に発達した雨雲がかかるでしょう。特に九州北部や中国地方では、降り始めからの総雨量が150ミリを超えるような所がある予想です。東海から北海道も、曇りや雨の所が多く、19日(金)には、東海や関東にも発達した雨雲がかかる見込みです。19日(金)は、前線の活動の程度などによっては、九州から関東で大雨の恐れがあり、土砂災害などに警戒が必要です。

20日(土)以降 梅雨前線は南下 でも天気はすっきり回復せず

梅雨前線の北上は一時的です。20日(土)以降は本州の南に停滞する見込みです。ただ、今月14日の雨のあと、15日に広くカラッと晴れたような、天気の急速な回復はないでしょう。19日(金)以降は、本州付近に北から冷たく湿った空気が流れ込むためです。強い日差しが照りつける所もありますが、雲が広がりやすいでしょう。関東から北海道を中心にすっきりしない天気が続く所が多い見込みです。

18日(木)以降は梅雨寒も

18日(木)以降、最高気温は30度を超える所は少なくなるでしょう。中国地方から東北では25度に届かない日もあり、北海道では20度に届かない日が続く所が多い見込みです。関東では、19日(金)は、20度を少し超えるくらいで、5月並みの所もある予想です。