あす17日(水)も関東は梅雨の晴れ間で、暑さが続くでしょう。ただ、あさって18日(木)からは梅雨空が戻って、19日(金)は雨の量が多くなりそうです。

あすの天気 貴重な日差し 熱中症に注意

画像A

きょう16日(火)も、きのう15日(月)ほどではありませんでしたが、気温が早いペースで上がりました。午前中のうちに25度を超えた所がほとんどで、日中は30度以上の真夏日の所が多くなりました。群馬県桐生市では33.9度、群馬県伊勢崎市では33.4度と内陸部では35度近くまで上がり、暑さが続きました。
あす17日(水)も晴れて、日差しが照りつけるでしょう。洗濯物も短い時間で乾きそうです。あさって18日(木)以降は、曇りや雨の日が多くなりますので、あすの日差しを有効にお使い下さい。
最高気温はきょうと同じくらいで、30度前後と暑さが続きます。汗をたくさんかいたときは、水分だけでなく、塩分も適度に補給なさってください。また、疲れたときは休んだり、食事の際は栄養に気をつけるなど、熱中症にかかりにくい体作りを心がけましょう。

あさって以降の天気 金曜日は雨量が多くなる 空気ヒンヤリ

画像B

あさって18日(木)からは、梅雨前線がジワリジワリと北上し、関東の南まで北上してくる見込みです。特に、19日(金)から20日(土)は、前線上の低気圧が関東の南を通過するため、南部を中心に雨の降り方が強まることもあるでしょう。19日(金)は雨の量が多くなるおそれもありますので、最新の情報をチェックなさってください。
また、19日(金)は北東からの冷たい風が入ってくるため、気温が朝からほとんど上がりません。最高気温は20度から21度くらいの所が多く、平年より5度近くも低い所があるでしょう。日中も空気がヒンヤリしますので、服装でうまく調整をし、体を冷やさないようにご注意ください。