きょう17日は、梅雨前線が九州付近を次第に北上するため、九州は雲が多く、夜は雨。奄美は前線直下で昼過ぎにかけて非常に強い雨や雷雨。東北北部と北海道は朝晩雨の降る所。

きょう17日の天気 奄美は大雨に警戒 落雷や竜巻にも

画像A

きょう17日(水)は、梅雨前線がゆっくり北上する見込みです。前線に向かって南から湿った空気が次々に流れ込むため、前線付近は大気の状態が不安定です。前線の真下にあたる鹿児島県奄美地方では、昼過ぎにかけて滝のようにゴウゴウと降る非常に激しい雨が降ることや雷雨になることがある見込みです。河川の増水や氾濫に警戒し、土砂災害や低い土地の浸水にも、ご注意下さい。奄美には大雨警報が発表されている所があります。また、あす明け方にかけては落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要です。前線に近い種子島屋久島地方も、日中は雨が降りやすい見込みです。夕方からは雷の鳴る所があるでしょう。
予想最高気温は、奄美地方は30℃以上で、真夏の暑さが続きます。種子島屋久島地方も25℃以上の夏日が予想されます。こまめな水分補給や適度な塩分補給、エアコンを使用するなどで、屋内での熱中症にも、ご注意下さい。

きょう17日の天気 九州は下り坂 夜は前線の雨に

画像B

きょうの九州各地は、夜にかけて梅雨前線が北上するため天気が下り坂です。日中は北部を中心に晴れ間がありますが、夜にかけては雨の降りだす所が多くなるでしょう。九州各地の予想最高気温は、30℃前後の所が多くなりそうですから、こちらも熱中症のリスクが大です。

きょう17日の天気 四国から関東と東北南部 梅雨の晴れ間が続く所多い

画像C

きょうの四国、中国地方から関東や東北南部にかけては、朝晩は曇る見込みですが、日中は晴れて梅雨の中休みが続く所が多いでしょう。関東北部の山沿いや長野県の北部を中心に夜は雨の降る所がある見込みです。新潟県では、上中越で午前中霧のかかる所がありそうです。予想最高気温は、海沿いや標高が高い所で25℃前後の所がありますが、全般には30℃前後の所が多くなりそうです。こちらの各地も、熱中症に要警戒、要注意です。

きょう17日の天気 沖縄は夏空 東北北部と北海道は涼しさ

画像D

きょうの沖縄地方は、太平洋高気圧に覆われて、熱い夏空が広がるでしょう。予想最高気温は、軒並み30℃オーバーです。
一方、東北北部と北海道は雲が広がりやすく、朝晩は雨の降る所があるでしょう。こちらは、この時期としては冷たい空気が通過中で、低気圧や気圧の谷が通過するタイミングで雨が降りそうです。東北北部の雨は朝までですが、北海道の雨は朝までと昼頃から降る所があるでしょう。釧路や帯広など道東では、大気の状態が不安定になって、夜9時頃まで雷を伴う雨になることがある見込みです。予想最高気温は、20℃から25℃くらいです。
南の熱い沖縄に比べて、北は10℃くらいの差がある所もあって、こちらは過ごしやすい気温です。夜はヒンヤリする所もあるでしょう。