きょう18日(木)、梅雨前線が九州北部付近へ北上し、夜には低気圧が接近するためさらに前線の活動が活発になる見込みです。九州北部地方は激しい雨や非常に激しいが降る所があり、あす19日(金)にかけて多い所では200ミリに達する大雨になるおそれがあります。雨の降り方に警戒して下さい。

九州北部、あすにかけて200ミリ超えも

画像A

きょう18日(木)は、梅雨前線が九州北部付近まで北上し、夜には前線上の低気圧が通過するため、さらに前線の活動が活発になる見込みです。
九州北部付近は発達した雨雲が発生しやすく、きょうの昼すぎからあすの明け方にかけて1時間に40〜50ミリとバケツを返したような激しい雨や、滝のような非常に激しい雨が降る所があるでしょう。
あす19日(金)明け方までに予想される雨量は、九州北部の多い所で200ミリと大雨になるおそれがあります。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫などに警戒して下さい。落雷や竜巻などの激しい突風にもご注意下さい。
あすは活発な梅雨前線が、次第に九州北部から九州南部へ南下するため、九州南部もあすは昼過ぎにかけて雷を伴い一時激しく降る所がある見込みです。