メイン画像

現在、黄海の梅雨前線上を進む低気圧が、今夜からあす19日にかけて四国地方を進む見込みです。このため四国地方ではあす昼前にかけて雨となり、発達した雨雲が停滞した場合は、警報級の大雨となる恐れがあります

今夜からあす朝にかけて雨のピークに あさって朝までの予想降水量

画像A

梅雨前線は活動を強めながら北上しており、四国地方では広い範囲で雨が降っています。これからあす昼前にかけて、前線や前線上を進む低気圧の影響でまとまった雨となるでしょう。特に低気圧が近づく今夜からあす朝にかけては、大気の状態が非常に不安定となり、局地的に雷を伴って1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨の降る所がありそうです。
また、あす6時までに予想される雨量は多い所で、瀬戸内側で150ミリ・太平洋側で180ミリ、その後あす6時からあさって6時までに予想される雨量は多い所で、瀬戸内側・太平洋側ともに50〜100ミリとなっています。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水、落雷や突風などに注意・警戒してください。

雨で気温上がらず、肌寒さも

また気温差にも注意が必要です。雨で日中の気温の上がり方は鈍く、きょうの最高気温は、高松で4月下旬並みの22度、徳島・松山・高知で5月並みの23度から24度くらいの予想です。あすは、高知では28度くらいまで上がりますが、高松・徳島・松山では24度から25度くらいと、5月並みの気温が続きそうです。特にきょうは、雨のやみ間もほとんどなく、20度を下回る時間も多く、肌寒く感じるでしょう。羽織るものが一枚あるとよさそうです。雨に濡れて体調を崩さないよう気をつけましょう。