きょう19日(金)も、梅雨前線の活動が活発。九州から関東は広く雨。局地的には非常に激しく降る。交通への影響も。

九州〜関東は広く雨でピークは午前 午後は東北と北海道で雷雲発達

画像A

きょう19日午前6時現在、梅雨前線や、この前線上の低気圧の影響で広く雨。特に、九州北部や四国には、激しい雨を降らせる発達した雨雲がかかっています。
九州から近畿にかけて、雨のピークは「午前9時頃まで」で、傘が全く役に立たないほど非常に激しく降る所があるでしょう。あらかじめ、運休を予定している電車もあり、今後の雨の降り方によってはさらに交通への影響が広がることも考えられます。午後は雨の降り方が次第に落ち着いて、やむ所も増えてきますが、これまでの雨で地盤の緩んでいる所があり、土砂災害の危険性の高い状態が続くおそれがあります。また、川や用水路は、雨がやんでもしばらく水位の高い状態が続き、上流や周辺からの雨水が流れ込んでさらに水位が増すケースもあります。むやみに近づかないでください。
東海や北陸、関東にかけても広く雨で、昼頃にかけては太平洋側の沿岸部を中心に雨脚の強まることがあるでしょう。中でも、東海では局地的に激しく降りそうです。アンダーパスなど低い所を通る道路が冠水する危険もあります。
東北と北海道は、午後は気圧の谷が近づいて大気の状態が不安定に。急に激しい雨が降ってきたり、雷雨になる所がありそうです。
一方、沖縄は夏空です。

日中の気温 きのうより低い所が多い

画像B

最高気温は、晴れる沖縄はきのうと同じくらいで、体にこたえる暑さが続くでしょう。
九州から関東にかけては、きのより低いがほとんど。20度くらいまでしか上がらない所もあり、半袖では少しヒンヤリと感じられそうです。
東北や北海道も、多くの所できのうより低くなるでしょう。ただ、午前中に日の差すこともある東北日本海側ではきょうも30度近くまで上がる所があります。熱中症対策を心がけてください。