きょう23日は、梅雨前線と低気圧の影響で、沖縄と関東周辺や本州中部は雲が多く、所々で雨。九州から北陸は、晴れて気温急上昇。九州では35℃以上の猛暑日も。危険な暑さに警戒。

きょうの天気 沖縄と関東など スッキリせず

画像A

きょう23日火曜日は、北から高気圧に覆われますが、梅雨前線が沖縄付近から日本の南、さらに日本の東にのびる見込みです。関東の東にある低気圧は、三陸沖に進みながら弱まるでしょう。
沖縄は、八重山地方と宮古島地方では晴れますが、本島地方や大東島地方は雲が多く、大気の状態が不安定です。午前中を中心に雨が降りやすく、雷が鳴る所があるでしょう。急な強い雨や落雷、竜巻などの激しい突風による被害も考えられますので、屋外で活動される際は、ご注意ください。急にあたりが暗くなる、急に涼しい風が吹きだす、ゴロゴロという音が聞こえだすのは発達した積乱雲が近づくサインです。頑丈な建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。
東海や甲信地方など本州中部でも、上空を冷たい空気が通過するため、日中の気温上昇とともに不安定な天気になって、急に雨が降る所や雷の鳴る所がありますから、ご注意下さい。低気圧に近い関東もスッキリとしません。雲が多く、午前中を中心に雨の降る所があるでしょう。東北は、日本海側で晴れますが、低気圧が三陸沖を北上する影響で太平洋側ほど雲が広がりやすく、午後にかけて雨の降る所がある見込みです。北海道は、雲が広がりやすい一日ですが、日中は青空が広がる所もあるでしょう。
一方、高気圧に緩やかに覆われ、前線の影響も冷たい空気の影響もない九州から四国と中国地方、近畿から北陸では晴れて、日中は強い日差しが照りつけるでしょう。

きょうの気温 九州で35℃ 危険な暑さに警戒

画像B

きょう23日の最高気温は、晴れる所を中心に日差しが強く、朝から急上昇する見込みです。特に、九州北部では内陸を中心に35℃の猛暑日になる所があるでしょう。また、九州から東北日本海側にかけての広い範囲で、30℃以上の真夏日になる見込みです。そのほかの地方でも、きのうを上回る気温になる所があり、平年を上回る所が多いでしょう。熱中症に、ご注意下さい。
マスクの着用中に息苦しさを感じたら、周囲2メートル以内に他の方がいないことを確認のうえで外すことも熱中症対策のひとつです。
マスク着用中、つけたり外したりのわずらわしさから、水分補給を怠りがちです。ふだんよりも意識的に、そしてこまめな水分補給を心がけましょう。大量に汗をかいたときは、汗で失われてしまう体内の塩分やミネラルを補うため、塩分などの補給も適度になさってください。