今朝(18日)の道内は、札幌を含めた道央圏などで雪が降り、一面冬景色で驚いた方も多かったかもしれません。日付が変わる頃まで雪がなかった札幌市内も、未明には7センチの雪が積もり、今年初めての積雪となりました。11月は週末ごとに荒れた天気となっている道内ですが、この週末は冬将軍がやってきます。

道東で嵐に

今日(18日)は、低気圧が発達しながら北海道付近を通過します。このため、釧路や根室地方では夕方にかけて、南の風が非常に強く暴風に警戒が必要です。また、太平洋側を中心に雨が降り、局地的に雷雨となりそうです。太平洋側の沿岸の地域などまとまった雨の量となる所もあり、土砂災害や低い土地の浸水などにも注意が必要です。夕方以降は寒気の影響で、日本海側を中心に雪が降り、沿岸などではふぶくでしょう。

真冬並みの寒気

明日(19日)は上空に真冬並みの寒気が流れ込み、北海道付近は冬型の気圧配置となる見込みです。日本海側を中心に雪で、上川や空知、後志地方など多い所で40センチくらいと大雪になるおそれもあります。大雪やふぶきによる交通への影響に注意して下さい。札幌も今夜からあすにかけて、多い所で20センチくらい雪の降る所がありそうです。まだ冬道になれていないドライバーも多いと思いますので、車を運転する際は路面状況に十分注意して下さい。また歩行者の方も足元がかなり悪くなるため、外出には冬靴で、時間にゆとりを持った方が良さそうです。
気温は、上空の寒気の影響で今夜から明日にかけて一気に下がります。明日は最高気温でも、広く1度くらいと冬本番の寒さとなりそうです。体も寒さになれていないので、体調を崩さないようご注意下さい。