今年の盛夏は東・西日本を中心に猛暑となるでしょう。9月は全国的に厳しい残暑が続きそうです。最新の3か月予報をもとに7月、8月、9月に予想される天候の特徴をまとめました。

この先3か月の天候のポイント

暖かい空気に覆われやすく、全国的に気温が高いでしょう。特に東・西日本の8月は晴れる日が多く、猛暑となりそうです。暑さは9月にかけても続き、残暑が厳しくなるでしょう。降水量は平年並みの所が多いですが、東・西日本では8月は平年並みか少ない見込みです。

7月 梅雨明けは?

画像B

北海道や東北、北陸は、前線の影響で曇りや雨の日が多いでしょう。気温は平年並みか高く、ジメジメ・ムシムシする日が多くなりそうです。降水量は平年並みの見込みです。
関東甲信や東海、近畿から九州は、7月前半は梅雨空の日が多いですが、7月後半になると晴れの日が多くなりそうです。梅雨明けの平年は7月20日前後で、梅雨明けが大幅に遅れることはないでしょう。降水量は平年並みの予想ですが、梅雨末期は例年、大雨に見舞われることが多く、雨への備えが必要です。気温は平年より高く、厳しい暑さの日が多いでしょう。梅雨明け直後は特に熱中症に警戒が必要です。
沖縄・奄美は夏空が広がり、気温は平年より高いでしょう。降水量は平年並みの見込みです。

8月 猛烈な暑さの日も

画像C

北海道や東北は、天気は数日の周期で変わるでしょう。気温は引き続き平年並みか高い見込みです。ただ、オホーツク海高気圧の張り出しによっては、太平洋側で気温の上がり方が鈍くなり、日によって気温の変化が大きくなることも考えられます。降水量は平年並みでしょう。
関東甲信から九州にかけては強い日差しが照りつけ、うだるような暑さの日が多いでしょう。寝苦しい日も増えて、猛暑日が続く所もありそうです。40℃を超えるなど、極端に暑い日が出てくるかもしれません。降水量は平年並みか少ない予想ですが、夕立やゲリラ雷雨に注意が必要な時期です。雨雲レーダーをこまめにチェックするとよいでしょう。
沖縄・奄美は晴れの日が多く、気温は平年並みか高いでしょう。降水量は平年並みの見込みです。

9月も暑さ収まらず

画像D

全国的に気温が高く、厳しい残暑が続くでしょう。例年、9月に猛暑日となったり、その年の最高気温が観測されたりすることもあり、9月になっても熱中症対策が欠かせません。北日本や東日本と、西日本の日本海側は、天気は数日の周期で変わりますが、西日本の太平洋側と沖縄・奄美は晴れる日が多いでしょう。降水量は平年並みの見込みです。ただ、台風がひとたび近づけば、降水量が一気に増えて大雨になる恐れもあります。台風への備えも忘れないようにしてください。
【北日本】北海道・東北
【東日本】関東甲信・北陸・東海
【西日本】近畿・中国・四国・九州