全国で冬本番を体感。福岡も札幌も正月頃の気温。日本海側は大雪、吹雪、雷雨など。太平洋側も一部で雪や雨。

正月頃の気温の所も 日本海側は大雪、吹雪、雷雨

まだ11月ですが、きょう(19日:日曜)は全国的に冬本番を体感することになるでしょう。日本海側の各地では雪や雨が降り、天気が荒れそうです。お出かけの際はお気を付け下さい。
【きょう(19日:日曜)のポイント】
日本列島が今シーズン最も強い寒気に覆われる。
最高気温は12月中旬から下旬並みの所がほとんどで全国的に風が強く寒い。
北海道から東北にかけての日本海側は大雪や吹雪に警戒。
北陸周辺や山陰も雨や雪で落雷や突風に注意。
【きょう(19日:日曜)の全国の天気】
①北海道→日本海側とオホーツク海側は雪が降り、大雪になる所がありそうです。北海道の太平洋側は午前は晴れますが、昼過ぎから雲が増えて、にわか雪の所があるでしょう。
②東北→日本海側は雪が降り、ふぶく所や雷を伴う所がある見込みです。太平洋側も日差しが出るのは一時的で、雲が多いでしょう。昼過ぎからはにわか雪かにわか雨の所がある見込みです。
③関東と山梨は平野部や平地を中心に晴れて空気が乾燥するでしょう。関東北部の山沿いでは雪が降る見込みです。
④信越と北陸から山陰は雨が降るでしょう。雪のまじる所や雷を伴って降り方が強まる所がある見込みです。
⑤東海、近畿、山陽、四国の瀬戸内側は強い寒気の影響で大気の状態がやや不安定です。雲が広がりやすく、日差しは時々出る程度でしょう。局地的に雨雲やカミナリ雲が発生して天気が急変することがありそうです。
⑥四国の太平洋側や九州は晴れるでしょう。
⑦沖縄は雲の多い天気が続く見込みです。
【きょう(19日:日曜)の全国の最高気温】
全国的に12月中旬から下旬並みでしょう。1月上旬並みの所もある見込みです。北海道は0度前後で、日中も氷点下のまま経過する所があるでしょう。東北北部は3度から5度くらい、東北南部や信越、北陸は7度前後までしか上がらない見込みです。震える寒さでしょう。関東や東海、近畿、中国、四国の瀬戸内側、九州北部は12度前後の予想です。北寄りの風が強めに吹くため、実際の気温よりも寒く感じられるでしょう。四国の太平洋側と九州南部は15度前後の見込みです。沖縄は20度をやや上回る程度でしょう。